異形の道化師―マロリオン物語〈3〉 (ハヤカワ文庫FT)

  • 早川書房
4.03
  • (23)
  • (24)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 168
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (606ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150204112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ベルガリアードから始まった冒険も、通算8冊目。会話の妙は健在なのだけれど、ちょっと(私が)中だるみ。
    というかね、熊神教から始まって、トラク教、悪魔とそれぞれの指導者や黒幕といった、ガリオンたちにとっては有り難くない存在が多過ぎて、ワケがわからなくなってるのが正直なところ……。

    カル・ザカーズに対する見方の変わった一冊。
    なかなかどうして、国をまとめるために苦悩するいい王様(皇帝)じゃないか。

  • 表紙は
    フェルデガースト、シルク(ケルダー王子)ベルガリオン、ダーニク、ベルガラス、

  • Amazonで中古頼んだら一番最初に来たのでこのシリーズ8冊目っていう中途半端から読むっていう(笑) 海外ファンタジーの訳本は、ヒットしたものが訳されるからハズレを引く心配があんまりなくていいですね。

  • 外国ではカナリ人気のファンタジーなのに何故か日本ではあまり有名ではないですね。かくいう私も表紙がhaccanさんじゃなかったら読まなかったw怪物出てきたり魔術出てきたりする本格ファンタジーですが、登場人物のキャラが立っててすごく面白い本です。

  • マロリオン3冊目。

全5件中 1 - 5件を表示

デイヴィッド・エディングスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異形の道化師―マロリオン物語〈3〉 (ハヤカワ文庫FT)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×