宿命の子ら―マロリオン物語〈5〉 (ハヤカワ文庫FT)

  • 早川書房
4.12
  • (32)
  • (20)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150204150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふぃぃ……

    ベルガリアード物語から始まった長い長いストーリーは、ようやく終わりを迎えた。総じて勧善懲悪のわかり易いストーリーだったな。
    冒険譚でありながら、ハラハラする場面はほとんどなく。
    <光>と<闇>の選択を迫られた女予言者の選択理由が全く分からない。広げた大風呂敷が大きすぎて回収が大変だったんだろうな、という印象が残る。
    なんとなく、尻すぼみ。

  • 12時から時計回りに
    ポルガラ、ベルガラス、ベルディン、エリオンド、ベルガリオン、シラディス、トス

  • いよいよ最終章。長い旅だったけど、いざ終わるとなるとかなり寂しい感じがするな〜(笑)ゆっくり時間ばかけて読まなん(⌒▽⌒)

  • ベルガリアード~マロリオン物語の完結編。納得いくラスト。ガリオンとセ・ネドラのやりとりににやにやしたりする。ポルとおじいさんのやりとりにもにやにやする。

  • 長い…長かった…。面白かったのは、もはやベルガリアード物語の複写版ではないかという疑問を持ち、それなりにうんざりしている頃に、「実は前回の旅とのっぺりと一致することすら意味があるのだ」と対応してきたこと。脱構築…ではないか。あと映画だとエンドロールが流れているレベルの物語部分で100ページ以上を消費するという何ともなことをしてくれました。そして最後まで女予言者の「選択」のフラットな動機と理由が見えてこなかったのが気がかり。

  • 2007.07。ベルガリアードの続編、マロリオン物語。全5巻。ベルガリアードでは敵だった人たちを仲間に交え、新たな冒険スタート!個人的にシルクが一緒で嬉しかった。最初の巻は戦いが終わり、平和な世界での生活について書かれているんですが、セ・ネドラの出産でのガリオンのオタオタ具合や、レルドリン&マンドラレン騒動のゴタゴタが大好きです。ファンタジー好きは一度は読んだ方が良い、全力でオススメ。

  • 外国ではカナリ人気のファンタジーなのに何故か日本ではあまり有名ではないですね。かくいう私も表紙がhaccanさんじゃなかったら読まなかったw怪物出てきたり魔術出てきたりする本格ファンタジーですが、登場人物のキャラが立っててすごく面白い本です。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150204152/ieiriblog-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4150204152.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150204152/ieiriblog-22" target="_blank">宿命の子ら―マロリオン物語〈5〉</a></div><div class="booklog-pub">デイヴィッド エディングス, David Eddings, 宇佐川 晶子 / 早川書房(2006/05)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150204152/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4150204152" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • マロリオン最終巻。いやしかし、まさかあの人とあの人が…!

全10件中 1 - 10件を表示

デイヴィッド・エディングスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

宿命の子ら―マロリオン物語〈5〉 (ハヤカワ文庫FT)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×