双生児(下) (ハヤカワ文庫FT)

制作 : 古沢嘉通 
  • 早川書房
3.85
  • (6)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150205799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 史実と違う並行世界の話かと読み進めたところ、一度目の大きな混乱は中盤サムの記録で、どういうこと?という勢いのままそれ以降ページをめくる手は止まらず、終盤に入ってからはもはや何を信じればいいのかわからない非情に心地よい混乱があった。まさに【読書は受動的な娯楽ではなく能動的な営み】だと感じさせてくれる一冊だった。

  • なにこの異空間。頭こんがらがる。
    一言でいえば傑作。

  • こういうオチね。
    しかし、スムーズに幻想の世界に入っていくなぁ。
    騙されるか、と身構えていてもムダ。
    たった一行の文章で、ぜんぜん違う世界に変わっちゃうんだから。
    読み返してもダメ。
    そことは繋がっているようで、繋がっていないから。
    プリーストの作品、これまで読んだのはずれ無し。

  • 2019/7/18購入

  • 双子のもう一人、ジョーのパート。
    良心的兵役拒否者としての登録、赤十字の仕事、遠く離れた妻の関係と赤ん坊、兄弟と和平の交渉。
    日付も読まずに一読しただけでは、最後まで読んでも何が起きていてどういう意味なのか分からなかった。双子であるから尚更ややこしい。偽のヘス、兄弟の動向、子供の名前、微妙にすれ違う史実。解説を読んで、該当ページをパラパラと見て文脈を思い出して、ああそういうものなのかと。再読したい。
    私がヨーロッパ第二次世界大戦の史実にうといだけかと思いながら読んでいたけど、流石に終結くらいはわかるし、そう言われればそうだよな…

  • ドイツと戦争中のイギリスを舞台にしたSF。
    解説を読むまで勘違いして読んでたことに気付かなかった。
    もう1つの歴史はお兄ちゃんの妄想で片付けてしまうところだった。
    メビウスの輪のようにぐるっと入り口につながっているのでした。

  • 読書会の為に久しぶりに再読。今回はきっちりメモを取りながら読んだせいか、上巻は分かりやすかった。第二次世界大戦が1941年で終わった世界が興味深いし、ジャックの手記も読みやすい。だけど下巻に入りジョー視点の話が多くなるとこんがらがってくる。そもそもジョー自身が混乱してるし、なんだか生身の人間に思えない。あとがき読んでもすっきりしない。まあ作者の術中にはまったということか。

  • なるほど〜、奥泉光先生の戦記ものとの共通点かぁ。
    大森望氏の解説が優れているので、頑張って作品を読み通した甲斐がありました。
    SFが苦手でも、歴史改変ものがあんまり好きじゃなくても、優れた世界文学を読みたい気持ちがあれば読んで良かったと思えるプリースト。

  • あー、最初から文庫版で読みたかったかも。ミスリードされたまま「続く」で終わって、下巻でやられちまった感で満喫できたかも。w
    世界史の勉強のし直し迄も強いられてしまいました。

    更に大森望の解説を読んで、「ドリームマシン」の内容が思い出せなくて焦っている。そして他にも未読のものがあると気付いてポチりに走ってしまった。

  • 上巻半ばで解説のネタバレ直前まで読み…なんとなく輪郭掴んでから読み進み。
    そうか、タイムリープとifなSFだったのかと。最終的にジョンは楽観的な奴である程度の自分の幸福を得られたらタイムリープをやめたけどジョーは神経質で理想主義だから二兎を追ってしまいぐるぐるしてるなぁと雑な感想になりました。

全15件中 1 - 10件を表示

双生児(下) (ハヤカワ文庫FT)のその他の作品

双生児 下 (ハヤカワ文庫FT) Kindle版 双生児 下 (ハヤカワ文庫FT) クリストファー・プリースト

クリストファー・プリーストの作品

ツイートする