紅蓮の島―グイン・サーガ(9) (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.53
  • (16)
  • (17)
  • (53)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 273
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150301477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無人島でのバトル終了。表紙はミアイル公子です。めちゃくちゃ悲しい巻です。最初読んだ時悲しくて悲しくて・・。

  • 無人島に漂着した一行。行方不明になっていたグインも不思議な性で再合流。そしてそこの洞窟で彼らが見た不思議な光景。光の子らが守る不思議な機械。手も足も顔もない異様な赤児。島が避けて飛んでいく光球。そして、それらに共鳴するリンダの予知力。これらはグインの過去に何か関係があるのでしょうか?
    船にたどり着いた彼らはアグラーヤの御座船に拾われます。アグラーヤで即位の名乗りをあげるレムス。いよいよ彼らはパロ奪還に向けアルゴスに向かいます。その中でリンダとイシュトバーンの関係にも変化が。
    そしてモンゴールでは、アルド・ナリスの恐ろしい陰謀で世継ぎミハイル公子が毒牙にかかります。
    そして、遂に婚礼の日を迎えます。

    マリニアの花のように
    神の嵐
    黒い洞窟
    帰還

    著者:栗本薫(1953-2009、葛飾区、作家)

  • 紅蓮の島よりパロの方が気になって気になって……!あと、モンゴォォォォォォル!!

  • 再読。
    この巻は好きな巻の一つです。とっても悲しい、切ない、非情なこともありますが、今後の展開のカギとなるような不思議な生物?、そしてリンダ達がやっと安全なアルゴスへと辿り着きました。

     ミアイル公子とユナス伯、マリウスとのやりとりにほのぼのとしたのも束の間、ナリスの非情な命令が!
    傷付いたマリウスを匿ってくれたのは《煙とパイプ亭》のゴタロとオリー。スタフォロス城で戦死したオロの両親です。
    二人の言葉に涙しました。親は子をこんなに慈しんでいるものなのですね。

     そして、予知者リンダが見たもの、それはグインにもきっと関係あるものなのだろうと思います。
    その謎が明かされる日を心待ちにしているのですけれど、それはいつになるのでしょう…。

     レムスがアグラーヤの王に堂々と対面した時、レムスの今後に期待したのですけれど…。
    この時のレムスは結構良かったですよね^^;
    アルゴスでパロの王位宣言をしたレムスと王女に戻ったリンダ。今後の二人の道はまだまだ険しそうです。

  • アルド・ナリスの弟で、吟遊詩人に身をやつしているマリウスは、モンゴール大公の息子でアムネリスの弟のミアイルと交誼を結びます。しかしそんな彼に、ミアイルを暗殺せよというナリスからの命令が伝えられます。意に染まない殺人に手を貸すことになったマリウスは、ナリスのもとを離れ、一人旅に着くことを決意します。

    モンゴール大公の方でも、アルド・ナリスを殺害してパロを乗っ取ることを計画していました。しかし、肝心のアムネリスがナリスに惚れ込んでしまっており、その対処に苦慮させられます。

    一方、無人島で海賊たちの襲撃を受けていたリンダたちは、やはりこの島に流れ着いたグインと再会することになります。ところが、とつぜん島に異変が起こり、光球と未知の生物が現われて、島から飛び立っていきます。

    その後、ようやく島から脱出したリンダたちは、アグラーヤ国の船に救助されることになります。そこからリンダとレムスはスタック王のもとへ赴き、レムスがパロの新王として名乗りをあげることになります。

  • 2013/04/09

  • このへんからグインが空気薄くなる。

  • 表紙のミアイル王子が読む前はちょっと怖かったけど読了後は哀しい…マリウスと出会えてよかったと信じます。たとえ早過ぎる結末を迎えてしまったとしても。ナリス様の人でなし…(泣)。なつかしきトーラスのオロの名前も出てきてじわじわきました9巻。そして双子もようやく文明社会へ…グインの言うとおり権謀術数の世界へと。次の巻はついに「その時」!ですよね?!楽しみすぎる!!

  • 進みが遅~~~い。
    弱々しいリンダに小賢しいレムス。
    硬派かと思っていたが、BL要素もありそうな…
    雲行きが怪しくなってきた。

  • アニメでのマリウスの歌が×××だったので、歌の上手くないミュージシャン設定?と思っていたのだが、うまいぞ、いい声だぞ、だったのね・・・。
    あと、しつこく、パロ王家は、嫁・婿に出すことはあっても、他国から嫁・婿をとることはない(青い血の掟)とか言ってたのに、アグラーヤ王女アルミナをレムスの嫁にって(いつのまにか、「掟」は祭司長だけのものにされている)。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

紅蓮の島―グイン・サーガ(9) (ハヤカワ文庫JA)に関連する談話室の質問

ツイートする