武装音楽祭 (ハヤカワ文庫 JA 195)

著者 :
  • 早川書房
3.39
  • (2)
  • (3)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150301958

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このほかも野阿作品は読んだがこの作品が一番瑞々しく印象深い。若き革命家レモン・トロツキー。赤の女王、帽子屋、カード型の銃。少女シャンブロウ、多重構造により季節を重ねた贅沢な館……銀河赤道祭と混じった気もしますが、とにかくクールなようで熱い主人公とスタイリッシュな描写に憧れた物語でした。(SF的考察では読んでいないので悪しからず)

  • 兎に角主役のレモン・トロッキーがかっこいいことだけ、覚えている。

  • 美貌と冷徹さを併せ持つテロリスト、レモン・トロツキーの二度目の登場!

  • 昔ちらっとあらすじを見て。題名に惹かれて。
    この作家の本は兇天使しか読んでないけど面白かったので。
    でもどの本屋にもおいてない。古本屋も今のところ当たりなしです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒。短篇「花狩人」が第5回ハヤカワ・SFコンテスト入選第1席を受賞してデビュー。主な作品に、『武装音楽祭』など美貌のテロリストを主人公とする『レモン・トロツキー』シリーズ、『バベルの薫り』『月光のイドラ』『ソドムの林檎』『伯林星列』などがある。

「2018年 『月夜見エクリプス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野阿梓の作品

ツイートする
×