宇宙叙事詩〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.83
  • (4)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150305307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • リリース:伸子さん

  • (1996.04.01読了)( 1995.11.07購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    青春の夢を追い求め翡翠座イオへの探検に旅立った夫を追いかけて異星の地に赴いた妻、凍土の平原の広がる惑星ルシアナの廃虚で探検隊員の前に夜毎現われる謎の美少女、永遠の繁栄をつづけるオアシス都市に黒風とともに訪れ破壊をもたらす阿修羅王…大宇宙のさまざまな地で生と死の営みをつづける人間達の姿を、宇宙SFの第一人者・光瀬龍と少女コミック界の気鋭・萩尾望都が描いた日本SF史上に名を残す記念碑的作品。

  • 手にいれるのに苦労したがまだ読んでいない。よく考えたら漫画じゃなかった。読んでしまうのがもったいない不思議な本。

  • これは名作です。

    宇宙で生をいとなむ者たちを淡々と描く絵物語。どことなく滅びのイメージをただよわせる文章に萩尾望都さんが美しい絵を添えています。
    長大な歴史の重さは、ブラッドベリさんの「火星年代記」や星野之宣さんの「2001夜物語」を思わせます。

    買ったっきり長いことほったらかしにしてたのはもったいなかったです。
    続けて下巻も読みましょう。ただし、
    眠る前の数分に少しずつ。

    (2004年10月27日)

全4件中 1 - 4件を表示

光瀬龍の作品

ツイートする
×