アズマニア (1) (ハヤカワ文庫 JA (543))

著者 :
  • 早川書房
3.50
  • (7)
  • (10)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150305437

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぶつぶつ冒険記、マッドくん、あめいじんぐマリー
    面白いって言えば面白いけど、感心はしない。
    時代の産物だね。

  • アズマニア (1) (ハヤカワ文庫 JA (543))

  • 「ぶつぶつ冒険記」 「○」。「マッドくん」「あめいじんぐマリー」

  • 物凄い。
    「ナンセンスものSF」と言われていますが、この人のジャンルをうまく説明することができなくて、暫定的につけられた言葉の様に感じる。読んでみて思うことは、ジャンル分けできるようなレベルのスケールじゃないということ。
    なんだか誰でも描けそうなのに滅多にできる人はいないと思わざるをえない。だってオチもないのに面白い。オチてないのにしっくり完結している。何がなんだかわからない。モダニズム文学のように物語の構成を取っ払って、いやそもそもその構成の壁すら感じずにスイスイ横をすり抜けていった結果出来上がったような作品なのに、なぜかマンガそのもののが面白い。だから、全部ひっくるめて異常。
    しかし、この後に続く更に物語性のなくなる作品群に比べたら随分とわかりやすい。そして「うる星やつら」との近似性。これはこれで、この時代に読んでみたかった。

  • この不条理ナンセンスSFスピードギャグは癖になるね。マッドくんはコマの初めと終わりにいちゃつきやがって、うらやましすぎるぞ。

  • まだ何となくストーリーが明確にある気がする。

  • ¥105

  • 何となーく買ったらメチャクチャ面白かった。女の子が可愛すぎる。パンチラとかオッパイとか、キャーってなる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

吾妻 ひでお(あずま ひでお)
1950年、北海道生まれ。上京後就職するもほどなく退社。
1969年『月刊まんが王』12月号掲載の『リングサイド・クレイジー』でデビュー。コメディ路線の『ふたりと5人』がヒット。1979年に『不条理日記』日本SF大会で星雲賞(コミック部門)を受賞し、「不条理漫画」というジャンルを確立。
失踪事件を起こした後にアルコール依存症に。そこから復帰して記した『失踪日記』が高く評価され、大ヒット。第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門をそれぞれ受賞。

吾妻ひでおの作品

ツイートする