恋 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (32)
  • (53)
  • (69)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 314
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306137

作品紹介・あらすじ

連合赤軍が浅間山荘事件を起こし、日本国中を震撼させた1972年冬。当時学生だった矢野布美子は、大学助教授の片瀬信太郎と妻の雛子の優雅で奔放な魅力に心奪われ、彼ら二人との倒錯した恋にのめりこんでいた。だが幸福な三角関係も崩壊する時が訪れ、嫉妬と激情の果てに恐るべき事件が!?香りたつ官能、美しき異端、乾いた虚無感。比類なき美と官能に彩られた小池文学の最高峰!ジャンルを越えて絶賛された直木賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中が浅間山荘事件一色の時代で、異端な恋をした4人の話

    異常なほど仲が良い夫婦だが、互いに夫婦以外の相手と性的な関係を許している。広い世の中探せば、こんな夫婦結構意外といるかもしれないと思いつつ、実は兄妹でしたなんてパターンは異端すぎてないでしょうと思う。そんな二人に巻き込まれた女子大学生が最終的に夫婦の妻が本当に恋した男を射殺してしまうのだが・・・。異端な恋を神聖視までしてしまった女子大生。自分が彼女の立場だったら、果たしてどうしたか。女子大生の孤独感・虚無感が良く伝わってきた。
    人を殺すのに理由は要らないという。そこに銃があったから引き金を引いた。その結果、人が死んだ。ただそれだけだという。人を殺す瞬間が本当にそんなに淡白なものなのだろうか。よく分かりません。

  • ”終わってほしくない”と思った小説は初めてである。

  • 女子大生とある夫婦との3人の関係を描いた物語。活動家の男子学生と付き合っていた中で出会った、不思議な夫婦。とても仲はよいけれど、お互いにお付き合いをする彼女や彼氏がいるという夫婦。
    よく言う三角関係とは異なり、三人で過ごす時を重ねる中で、三人がひとつとなり、結びつきが布美子の心を揺さぶり、悲劇へとつながっていく。

    最後の最後に、夫婦の現在の姿が描かれていることで、今もまだ布美子の思いは息づいているんだと分かり、胸がいっぱいになった。読んで決して汚らわしい感じやいやらしい感じが一切そぎ落とされて、美しい「恋」の姿を見た気がした。

  • 学生闘争に邁進する活動家との不毛な関係に疲れた布美子の前に現れた美しいカップル、信太郎と雛子。彼らを神のように崇める布美子の愛によって、2人はより完璧に近づくように見えた。ある男が現れて3人の関係を破壊するまでは・・・。あさま山荘事件の裏側で、ひとつの時代の終焉を示すように、殺人で終わったある個人的な物語。
    作家がこの物語をなみなみならぬ思い入れをもって書いたことはよくわかる。だが、このカップルの異常な完璧さを形成していた核心の「秘密」には、ほんとうにこれだけの重さが与えられるべきだったのだろうか?それこそ、この禁忌を過度に神聖化することになりはしないか。また、殺人にいたる布美子の心理は実に説得的に描かれているとはいえ、人ひとりを死に至らしめた当時の未熟な他者依存を自己批判的にみつめなおす言葉が、晩年の布美子の口からついに語られることがないのも、私には気になった。ライターである語り手をおきながら、「あの時代」とともに生きるのをやめてしまった主人公を外側から見る視点がないのは、やはりこの作品の大きな欠点であるように思える。

  • 女性作家の恋愛小説は好きじゃないが
    これはよくできてると思った。
    好きではないけれど。

  • 内容
    連合赤軍が浅間山荘事件を起こし、日本国中を震撼させた1972年冬。当時学生だった矢野布美子は、大学助教授の片瀬信太郎と妻の雛子の優雅で奔放な魅力に心奪われ、彼ら二人との倒錯した恋にのめりこんでいた。だが幸福な三角関係も崩壊する時が訪れ、嫉妬と激情の果てに恐るべき事件が!?香りたつ官能、美しき異端、乾いた虚無感。比類なき美と官能に彩られた小池文学の最高峰!ジャンルを越えて絶賛された直木賞受賞作。

  • 自分に合うかと思ったが、面白いと思う。

  • まさに文学作品。読み返すほど深みを増しそう。

  • 『恋」というタイトル。
    奔放な雛子と 先生の翻訳を手伝うふうこ。
    ある日三人の前に現れる 大久保。
    「虚無」というフレーズが所々で使われる

    ふうちゃんは 3人でいるという関係に気持ちが満たされていたのに それが崩されてしまう
    先生も それまでの雛子のボーイフレンドとの逢瀬を認めていたのだが、大久保の出現の時は 違った。
    体の関係だけより罪が重いと…

    雛子はどうやって立ち直れたのかな

    『冬場の伽藍」も軽井沢が舞台。

  • 久しぶりの再読。
    とても好きな本で、何度も読んでいます。
    まるで、軽井沢にいるかのように感じられる。
    ふうちゃんにも、ひなこにも
    会ったことがあるような気がする。
    読み終わると、随分年をとった気がする。
    不思議な本だ・・・。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小池真理子(こいけ まりこ)
1952年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。
2019年1月6日から、『モンローが死んだ日』がNHK BSプレミアムでドラマ化。主演は鈴木京香、草刈正雄。

恋 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

恋 (新潮文庫) 文庫 恋 (新潮文庫) 小池真理子
恋 Kindle版 小池真理子

小池真理子の作品

恋 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする