イティハーサ (5) (ハヤカワ文庫 JA (646))

著者 :
  • 早川書房 (2000年9月1日発売)
3.96
  • (21)
  • (14)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306465

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 好きなシーンがいくつかあって、青比古が、

    「お…おれは、時々 キョウジになりたくなる」

    というシーン。
    それから、香夜がタカヤに、

    「おれはもう殺したくない…」

    とタカヤが心に思っていたことをかわりに言うシーンですね。

  • 学生時代に、母親が持っていた単行本を読んでハマり、このハヤカワ文庫版を自費で購入するにあたりました。

    神とはなにか、人とはなにか、名の持つ意味、目に見えるもの、目に見えないもの、本当に大切なものは?など、とても考えさせられた物語。
    壮大なスケールで、いまだに読み返す本の一冊です。
    セリフの一つ一つが印象的です。

    今の自分を構成していると言えるくらい影響を受けました。
    単なる少女マンガとは一線を画してます。

    その第五巻。

  • 神秘性の高い、不思議な感動のある本です。お薦め。

全5件中 1 - 5件を表示

水樹和佳子の作品

ツイートする
×