星界の戦旗〈3〉家族の食卓 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.55
  • (33)
  • (36)
  • (113)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 478
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306601

作品紹介・あらすじ

ジントとラフィールを乗せた軽武装貨客船"ボークビルシュ"は、一路ハイド星系めざし平面宇宙を航行していた。"三カ国連合"艦隊の撤退により帝国領に復帰したハイド星系を、ジントが伯爵として正式に統治するためだ。だが、故郷である惑星マーティンの領民政府は、頑強に帝国への帰属を拒んでいた。一方、新たな艦種-襲撃艦によって構成された第一蹂躙戦隊もまた、戦技演習のためハイド星系へと向かっていたが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもの頃に読んだ時は、いつの間にか恋人同士みたいになっててびっくりした。

  • 踏みとどまらせているだけで大成果です。

  • ジントが完全に伯爵になったのはこの瞬間ではなかろうか?

    個人的にはもっと政治的な駆け引きを楽しみたかったところだが、可もなく不可もなく、バランスが取れた巻であったように思える。とか、書きながらも内容を忘れ始めているのだよ。ワトスン君。

  • ちょっと中だるみかなという気もするけど、テンポよくよむことができた。
    主人公のこれまでの人生に決着をつける話だけど、中継ぎって感じがした。

  •  シリーズはハイド星系の征服から始まったのだから、この巻は本当の意味で一段落だったかな。戦記の主題である戦争はまだまだ続くけど。
     ストーリー的には今までで一番こじんまりしていたが、さすがに物語の回し方が上手い。
     多視点で回しているが、それぞれのシーンの密度と量が程よく、一つの事態へそれぞれ(の視点)が向かっていく流れは素晴らしいの一言。本来は好まない方式だが、ここまで読ませてくれるなら、文句の出ようもない。

     しかし、本当に面白かったな。
     ギャグというよりかはユーモアと言うべきか、掛け合いの上手さは稀有なものだと再認識させられた。
     

  • ジントが故郷に向かうということで、また囚われたりするのかと思ったが、良い意味で裏切られた。
    大団円とはいかないが、今までの登場人物が勢揃い(スポールを除く)という感じで、ちょっと一区切りがついた感じか。
    でも、やっぱり艦隊戦があった方が面白いと思う。

  •  なんとなく読んだ記憶があるが、かつての養い親との再会のシーンのみ。そこに至るまでの経緯はまったく覚えていなかった。
     「戦旗」Ⅰ~Ⅲは「紋章」と異なり、1巻毎に完結しているのでかえって印象が薄かったのかもしれない。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ジントとラフィールを乗せた軽武装貨客船“ボークビルシュ”は、一路ハイド星系めざし平面宇宙を航行していた。“三カ国連合”艦隊の撤退により帝国領に復帰したハイド星系を、ジントが伯爵として正式に統治するためだ。だが、故郷である惑星マーティンの領民政府は、頑強に帝国への帰属を拒んでいた。一方、新たな艦種―襲撃艦によって構成された第一蹂躙戦隊もまた、戦技演習のためハイド星系へと向かっていたが…。

  • 今回直接的な身の危険は無かったが、ジントには転機の時。お仕事頑張ってる彼氏と違いやや放置気味のラフィールは、やはり艦を駆っているのが性に合っている様子。そして子猫たちの行く先も決定。

  • ジントとラフィールは一路、ハイド星系を目指していた。

    敵艦隊の撤退により帝国領に復帰したハイド星系をジントが伯爵として正式に統治する為だ。

    だが、故郷である惑星マーティンの領民政府は、頑強に帝国への帰属を拒んでいた。

    一方、新たに構成された艦隊もまた、戦技演習の為、ハイド星系を目指していたが……。


    すれ違った家族の絆が涙を誘う、スペースオペラ第三幕、ここに開幕!!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

62年生まれ。91年『夢の樹が接げたなら』でハヤカワ・SFコンテストに入選しデビュー。『星界の紋章』がベストセラーに。その他の著書に『星界の戦旗』『月と闇の戦記』『機械どもの荒野』など。『突変』で第36回日本SF大賞を受賞。

「2016年 『異境の水都 突変世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星界の戦旗〈3〉家族の食卓 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

森岡浩之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
ヤマグチ ノボル
有効な右矢印 無効な右矢印

星界の戦旗〈3〉家族の食卓 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする