死の泉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.98
  • (118)
  • (87)
  • (106)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 928
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (659ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150306625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素晴らしい読み応え!皆川さんの小説で、西洋が舞台の作品は「開かせていただき~」と「海賊女王」しか読んだことがなく、面白く読んだのだが正直和物の方が好みだなあと思っていた。けれどもこの「死の泉」はとても素晴らしかった。冒頭から謎めいたシーンが登場し、その後も秘密めいた治験、黒衣の聖職者、カストラート等々仄暗いモチーフが続々と織り込まれ、また「ペガサスの挽歌」(超好き)を思い出させる背徳的な場面もあり、ただもうぐいぐいと引き込まれて読んだ。最後に明かされる真実には、驚くと同時にそこまでの伏線が前半から張られていたことに気づくと、最後の最後まで味わいつくして読むことができた、と感慨深い。ああでもフランツが不憫...!

  • 狂気じみた執着が生み出すこの世のものとは思えない程の美しさと残酷さ 物語の終盤で明かされる真実に驚かされる場面があるのだけれど、それで終わったと気を抜いてはいけない その後の更なる告白により今作の暗澹とした深い混沌の世界に引きずり戻されてしまった

  • 天国的で背徳的な世界をただよっている、その解けないところがいい。
    第一部が人間から見た哀しい現実ならば
    第二部は人間?から見た悪夢、いやどちらも悪夢なのでしょうね。
    他の方々には、同じ文章を書かせてもこうも魅惑的にならないと思う。
    この内容で皆川さんの流麗な文章であるから幻想的になるのでしょう。

  • ナチス、SS、人体実験、地下洞窟、変声しない美声のカストラート。そして最後でひっくり返される驚き!重厚で海外翻訳ものを読んでいる様でした。「聖餐城」につづきまだ2冊目ですが、皆川博子、恐るべし^^です。凄いです。物語は真実の上にそれ以上の真実らしさをもって物語られる。許されることではないがクラウスの美に対する偏執は判る気がする。それは狂気との隣り合わせ。狂気が物語を構築する。凄まじい話でした!!

    • ななこさん
      日向さん、読了おつかれさまです☆海外翻訳物を読んでいるよう、、、すごく分かります^^「聖餐城」もそうでしたけど、読んでいると日本人が書いた小...
      日向さん、読了おつかれさまです☆海外翻訳物を読んでいるよう、、、すごく分かります^^「聖餐城」もそうでしたけど、読んでいると日本人が書いた小説だという事を忘れちゃいますね~(笑)もう大好きな要素がたっぷりで、終始興奮しながら読んでいました!皆川作品、未読のものばかりでこれから少しずつ開拓していく楽しみができました…(*^-^)
      2012/06/16
  • 皆川さんの長編は初チャレンジ。 ぷはあ、満腹です。 堪能。
    舞台はドイツ。 子供を安全に産むためのナチの施設、〈レーベンスボルン〉から始まる、美と狂気の物語。


    文章は決して読みにくくはないけれど、奥深く精緻で色濃い。
    大抵のレビューで言われるように、言葉の使い方、設定や世界観はグロテスクで、(それ故)最高に美しくて魅力的だと思う。

    でも短編から入った私がそれに加えて感じたのは、物語の速度。
    永遠とも思われる(しかし緊張感に満ちた)時間から、一気に傾れ込んでゆくクライマックスまでのメリハリがとても上手い。
    読んでいてこんなに鼓動が速くなったのは初めてだと思う。 ドラマや映画では味わえない、むしろ漫画に近いようなカメラワークというか。
    胸にどすんと響くこの質量感は高級品の証。 読書好きな人には是非体感してもらいたい逸品だと思う。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    第二次大戦下のドイツ。私生児をみごもりナチの施設「レーベンスボルン」の産院に身をおくマルガレーテは、不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。が、激化する戦火のなか、次第に狂気をおびていくクラウスの言動に怯えながら、やがて、この世の地獄を見ることに…。双頭の去勢歌手、古城に眠る名画、人体実験など、さまざまな題材が織りなす美と悪と愛の黙示録。吉川英治文学賞受賞の奇跡の大作。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    歴史好きにも興味をひかれる主題。

    なるほど...
    戦時下のドイツはこんなだったのか...
    確かにアーリア人による統一を求めていたナチスなら、さもありなんですね...

    きれいな子をさらってきて、その遺伝子を残そうとするとか
    本当にあったんだろうなぁ。
    (そこでもユダヤ人は排除だったのだろうけど)

    戦争って人々の発想をゆがんだものに変えていくね。
    それとも発想がゆがんでいく過程で戦争になるのかな...

    今回はこの本の感想なので、日本のことはとりあえずコメントしません!
    ご了承ください!(←誰に)

    こちら、くくりはミステリーなのですね。
    歴史小説ではなく。

    博士の異常な愛情(どこかで聞いたね)に怯え、
    ついには正気を失ってしまうか弱い乙女の主人公...
    ←たぶん

    そしてアーリアンの容姿を持つために、ドイツ人にさせられた
    エーリヒとフランツ、レナ...

    美しい容姿を持つが故、エーリヒとレナはそれぞれ違う研究の対象となり
    あるがままの肉体でいられない改造をさせられてしまいます。

    にしても、美しい人がたくさん出てくるんですよねぇ。
    第一部では主人公のマルガレーテ。
    マルガレーテと一時関係を持つギュンターと言う青年。
    そしてもちろん、エーリヒ、フランツ、レナ。

    純アーリアンの容姿を持っていると言うだけあって、
    皆さん金髪碧眼、白い肌。

    耽美なんですよ(´ω`*)

    特にエーリヒとフランツと言う二人の美少年がね!
    もうね!
    お姉さん心弾んじゃうよね!

    と言うわけで、けっこう厚い本なのですが相当一気に読みました。
    寝不足になるくらい読みました。

    時々出てくる歴史上実在のナチス高官たち(名前だけね)、
    ドイツの風光明美な観光地の描写、
    塩抗、芸術品、崩れた中世の城...

    そんなものも耽美度UPです。

    ミステリーと言うより歴史小説。純文学。
    そんなくくりがふさわしい...

    そう思っておりました。
    「あとがき」を読むまでは...!!!!

    ※ここからネタばれしますよ※

    最後の部分で死んだと思われてたレナとアリツェが生きている描写があります。
    しかもアリツェは結構元気なバーの経営者になってるよ!わお!
    でもその前に「私の姉なの」って言うところでは気づかんかったわ~...

    あとがきは、作者であるギュンターに、
    日本の訳者が会いに行く、という設定。

    えっとね、私これ実はちょっと信じました(ノ´∀`*)
    あ、ギュンターって実在するんだ~、
    日本人が訳した本なんだ~、
    だからドイツの言葉やドイツじゃない言葉や
    ジークフリートの詩やなんか出てくるのね~、って。
    (←単純)

    でも違った><

    でね。あとがきではギュンター=フランツなのよ。
    そしてしかも彼は、犬に噛まれて死んだ(らしい)...と...

    そしてあとがきに出てくる作者ギュンターは、
    どうも容貌や言動がクラウスっぽい...
    って言うかクラウスでしょ...

    で、ネットとか見てたら、やっぱりマルガレーテの恋人は10歳下のフランツ!って意見が多いのだけど、私の意見はねやっぱりギュンター=フランツだと思うの。異論は認めます。

    まぁ、そう考えると矛盾点もたくさんあるのだけど...
    うーん...

    ちょっと難しすぎた。
    すっきりは出来なかったな...

    いつか解説本だしてほしい...
    お願いしますっ!!!!!

  • ナチス統治下のドイツが舞台の壮大な物語。背徳的で美しい世界感にすっかり魅了されてしまった。永遠の高音を保つために去勢をする男性歌手、双子を使った人体実験、人種差別の悲劇、秘密の城塞などなど、題材の全てがツボにはまった。第一章が特に素晴らしい。実名で登場した歌手の歌声や、舞台となったオーバーザルツベルクなどを検索して見ながら読んでいたので、読了に時間が掛かってしまったが、物語の世界にもっと深く浸れて良かった。これは再読必須な一冊!

  • 皆川さんの作品読了後は、必ず打ちのめされ暫し呆然となる。今回はそれが圧倒的に凄かった怪作。歴史的背景の描写も、切羽詰った人間模様も、想像を絶する構成と“仕掛け”も、全てにゾクゾクした。(何でノーベル賞じゃないの?)

  • すごく贅沢な読書体験だった。
    ヒトラー時代のドイツが舞台。読みながら何度も、え、これ書いたの日本人?ほんとに日本人?と確認してしまったほど、精密。二重、三重につくられた話に、ひたすら惑わされて混乱した。

  • 消費税が上がる前に買っておいた皆川博子の分厚い文庫(約700頁)に着手。ナチスドイツものというのが個人的にちょっとハードル高いかなと思っていたんですが(得意な時代じゃない)読み始めたらそんなことは関係なく、ぐいぐい最後までいってしまいました。

    カストラート、結合された双子、奇形の胎児、人体実験と、ややグロテスクながらも耽美系モチーフ満載でそっち系のファンも満足させつつ、15年越しの大河ロマンス的でもあり、ミステリーの要素もあり、伏線の張り方も絶妙で、とにかくエンターテイメントとして一級品。

    個人的には「べるばら」とかそういう系列の歴史大河少女漫画を読む感覚に近く、キャラ萌えもできて大変楽しかったです。最初ストーカーみたいで不気味だったヘルムートがだんだんすごくかっこよく思えてきたり、フランツとエーリヒ、そしてミヒャエルの関係には、なぜか「はみだしっ子」を彷彿とさせられたり。後半のエーリヒのビジュアルイメージは、なぜか「11人いる!」のフロルでした。文体にはコミック的要素は全くないにも関わらず、皆川博子はそのへんの時代の少女漫画好きなら間違いなくハマれる作家だと思います。

全121件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

皆川博子(みながわ ひろこ)
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁・旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、『恋紅』で第95回直木賞を、『開かせていただき光栄です‐DILATED TO MEET YOU‐』で第12回本格ミステリ大賞に輝き、15年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている。著作に『倒立する塔の殺人』『クロコダイル路地』『U』など多数。2019年8月7日、『彗星図書館』を刊行。

死の泉 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

死の泉 Kindle版 死の泉 皆川博子

皆川博子の作品

死の泉 (ハヤカワ文庫JA)に関連する談話室の質問

死の泉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする