マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.87
  • (304)
  • (254)
  • (372)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 1986
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150307219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋でなんとなく手に取った本。あの時、手に取らなかったら、もしかすると冲方さんの本に出会うのがもっともっと遅れてしまったかも知れない。最初に読んだ冲方さんの本がこれで良かった。こんなに恐怖と爽快感を味わえる本はめったに無いと思う。もう最高!

  • 歌って踊れる黄金のネズミと、一度殺されかけた少女娼婦がタッグを組んで
    公営カジノに一泡吹かせる話。

    街に殺された女の子が、使い手を選ぶ道具存在の相棒になり自分の人生を勝ち取る話。

    全身を覆う右脳と、巨大な左脳が未来予知をする話。


    どれでも好きなのをどうぞ

  • 映画見てるみたい

  •  少女が自我を確立する物語、もしくは生き方を見つけた物語と受け取った。腐った卵をよみがえらせるのは愛なんだし、暴力の快感から救い出すのも愛なんだよなあ。
     いわずとしれた名作なんでもういうことは何もない

  • アニメから回帰。
    ある者にとっては始まりの、ある者にとっては終りの動き出す物語。

    表紙のウフコックがかわいい。

  • なかなか面白かった
    SFに割りに読みやすいのも良い。
    3冊で一組らしいので次回作も期待。

  • もっと早く読めばよかった!!ガンアクションと、口汚いスラングに、殻にこもりがちな少女と煮え切らない雄のバディ物語って、なんてレオン!早く続き読みたいです。

  • おっぱいを全身に移植した、ぶよぶよのフレッシュが一番お気に入りです^p^ だがしかしバンダースナッチがめっちゃ怖いですやめろください願います _:(´ཀ`」 ∠):_って思いながら読んでました。

    ウェルダンが手に膣を移殖していて!?!?なったけど、「ニューロマンサー」にも同様の描写が出てきたからサイバーパンクではよくあること(?)なんですね!きっと!

    ウフコックめっっっちゃかわいい!OVA化されているようなので見たいです(๑′ᴗ‵๑)

  • それでも生きたいと強く願った少女・バロットと、優しく哀しいネズミ・ウフコックの物語。

  • おもしろかった!!

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

冲方丁の作品

ツイートする