マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.93
  • (255)
  • (175)
  • (255)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 1433
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150307301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うおあああああああボイルドぉぉぉぉぉ!!!
    華音はあの人嫌いじゃなかったよ!それにしてもいいねギャンブル!
    ベルさんとアシュレイさん大好きだぁぁぁぁぁ!!

  • 前巻の途中から合わせて、丸々一冊分くらいカジノでゲームしてたなぁ。
    そのうちの半分以上がブラックジャックだった。あぁおもしろかった。
    あとは、後半の戦闘シーンか。
    何てったってボリュームが凄い。これほど長く戦闘シーンが続く小説を俺は知らない。

  • ベル・ウィングの老獪さと凛然たる姿がやっぱり良い。格好いい女性に惹かれるのはいつものこと。
    アシュレイの軽そうに見えてしっかりと持っているプライドであり、引き際の良さなんかは素晴らしい。
    それになにより、“魅力的な女性”に変貌していくバロットの成長が、読んでいて嬉しくてしょうがない。

    ブラックジャックのルールを知らないので勝負自体は少し分かりにくいところがあったのですが、それは私が知らないからなので仕方ないのです。
    でも、バロットがウフコックと「二人」で戦っていくところは読み応え充分です。
    殺す、殺さないの選択が無情にも突きつけられてしまうのがなんとも……。
    最後のウフコックのとった姿が、この物語の答えに近いのかも知れないと、私はそう思いました。

  • 再読

  • <マルドゥック・スクランブル三部作の感想>
    ライトノベルのくくりで紹介されたが、カテゴリは小説としておく。

    今日は1巻目だけ読もうかなーと思って手を伸ばしたが最後、物語に引きずりこまれていた。
    女性視点からの男性が胸くそ悪い描写と共に書かれているが、要素の一つとして処理してしまってもかまわないだろう。
    アクションシーンもさることながら、カジノでの駆け引きはページをめくるのも、もどかしいほどだった。

  • じつに長かった。
    読了してから深いため息をついて、本を置いた。
    筆者の魂がこもっている本は実に消耗する。
    カジノのシーンは緊張感で読み進めるのが逆にきつかった。

  • 全3巻。
    少女娼婦と愛らしいネズミがタッグを組むだなんて萌えずにはいられないじゃないか!

  • 08/05/02
    どうしてこうまで的確に感情を昇華させてしまえるんだろう。ファフナー、『ばいばい、アース』に続いて冲方作品に触れたけど、完璧な(少なくとも隙が見えない)止揚に感動する。色んな作品を通して筋が通ってるから、よくここまで一本を通せるな。とやっぱり感動する。
    これは、「読めば判る」としか言えない。まさに圧巻。そしてウフコックが可愛い。充分評価されてるけど、これに限らず冲方作品はもっと評価されるべき。

  • 冲方 丁の著書の中で、初めて読んだのがこのシリーズ。
    三巻一気読み。

  • 読完した。

全137件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

冲方丁の作品

ツイートする