サマー/タイム/トラベラー (2) (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.50
  • (44)
  • (52)
  • (117)
  • (12)
  • (6)
本棚登録 : 503
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150308032

作品紹介・あらすじ

"プロジェクト"を通して、自分の時空間跳躍能力に目覚めていく悠有。いっぽう、辺里の町では不穏な出来事が進行していた。続発する放火事件と、悠有に届けられる謎の脅迫状-「モウ オマエニ 未来ハ ナイ」。涼、コージン、饗子それぞれの想いが交錯するなか、いつしかぼくは微かな不安に囚われていた-悠有はなぜ過去へ跳ばないのだろう?そして花火大会の夜、彼女はぼくの前から姿を消した…。全2巻完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春時代のあの切なさは「置いて行かれ感」だったんだ!

  • 伝えようとしているところは悪くないとは思うが、好みではなかった。物語として描ききれていないように感じるというか、終盤の強盗計画にしろ、主人公の感情の動きにしろ、いずれも唐突感を覚えてしまう。バラ撒いた街の描写、社会の描写、各年代における街の地図、各種SF(TT)作品への憧憬、そういったものをもう少しまとめられるとよかったかなと。どうにもバラけてしまった印象を覚える。

  • この人の作品の面白さはカタストロフにある。最後のどんでん返しという奴だが、今回はそれを最後の前に置いているので最後のあれがストンと落ちる。速いストレートを見せつけられた後のフォークボールを空振りするかのごとく。だからこそ、あの落ちがある意味小気味いいのだ。なお、この作品は2005年の本である。ここは強調しておこう。つまり、良くも悪くも預言書の類になっているのだ。SFにとっての悪夢とあとがきに書いてあるにも関わらず。

  • 2016.8 21

  • 細部細部はおもしろい。キャラが立っていて、SFというより、ミステリーでもあり、雰囲気や舞台も良かった。
    ただ、全体的にちぐはぐ感が強く、いろいろ詰め込もうとした結果、崩壊している。

  • 最初は読みにくいなと思ったけど、いつの間にか没入してた。
    最後の地図オチというのはよくわからん。また読みたい。

  • 手の届く最良のものをつかまえて、そいつと共に歳をとれ。クライマックスへの盛り上がりが勢いよく、随所に盛り込まれるSF論も嫌みがなかったです。9年前の小説ですが、なんか最後の方で色んな予見が当たってしまっていて苦笑い。それにしても、時をかける少女は、いつだって未来へ一人でかけていくもんなんですね。ハインラインの「夏への扉」みたいな、ご都合主義なラストじゃないのも良かったです。女の子が強く未来へ向かっていく姿は、清々しいです。

  • これは好みが分かれる作品ですねー。
    私はどうも付いていけなかった…。
    置いてきぼりにされた感じ。

    状線だと思いきや違ってみたり、のんびりな展開だなぁと思っていたらいきなりフルスピードになったりで
    どうも世界観に浸れなく残念です。。

    万人うけはしなそうだけど、ピタリとハマれば面白い作品だと思います!

  • SF青春小説にミステリーの要素も加わった下巻。各節に差し込まれる地図について、(なんで昔の地図なんか付いているんだろう...)としか読み終わっても気づかず、レビューみながら何やら地図オチとやらがあるみたいなんですね...再読しないとダメですね...

  • ラストは嫌いではない。
    でも、その先を考えると・・・切ない。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【新城カズマ・作】  生年不詳。作家、架空言語設計家。1991年『蓬莱[ほうらい]学園の初恋!』(富士見書房)でデビュー。『サマー/タイム/トラベラー』(全2巻、早川書房)で第37回星雲賞受賞。現在、大河歴史ロマン〈島津戦記[しまづせんき]/玩物双紙[がんぶつぞうし]〉を鋭意刊行準備中。

「2013年 『ドラゴン株式会社』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サマー/タイム/トラベラー (2) (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

新城カズマの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

サマー/タイム/トラベラー (2) (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする