スピードグラファー〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 : 仁木稔 GONZO
  • 早川書房 (2005年12月発売)
3.40
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150308292

スピードグラファー〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説版スピードグラファーの完結です。
    アニメ版は見てないので、それとは比較できませんが、漫画版のエンディングとはまったく違いますね。
    水天宮の妹のエピソードも入るし、総理大臣vs水天宮なんてのもあったりするし。
    アクションシーンとかショッキングなシーンが多いです。
    新治も生き残って徐々に成功している感じでした。
    銀座と雑賀の関係はほぼ切れちゃったり、雑賀と神楽の関係もまた違った物になったり。
    面白かったです。

  • 真の主役は水天宮ですね(笑)
    個人的にはアニメの方が好きです。

  • 好みで言うなら、アニメ版のが好きです。ので、まずはアニメをおすすめします。<BR>
    アニメを見た後、詳細を知りたければ小説を読む…というのがいいかな。<BR>
    水天宮好きには特におすすめ。彼の過去シーンがアニメ版と比べると大幅に増えています。<BR>
    アニメと違う展開や違う設定のキャラもいるので、アニメとはまた違った面白味もあり。<BR>
    ただ、キャラの魅力や物語の展開はアニメの方が魅力に溢れていた気がするのが、残念。<BR>
    ただ単に、小説になって、キャラの心情描写がアニメより濃く多くなったからかもしれませんが、一部納得がいかない言動をしていたような気も…

全3件中 1 - 3件を表示

仁木稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スピードグラファー〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

ツイートする