耽美なわしら〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.05
  • (20)
  • (25)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309503

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鳥肌ゲームが好きです。

  • 志木さま!!大好きです。

  • 何気に凹んだ時、落の底まで落ちまくった時でも、この作品を読むと即、立ち直る事ができる。 辛い時に元気をくれてありがとうと言いたい作品の1つ。 3冊目はいつ日の目を見るのだろうか(早く読みたい)

  • 一巻よりもずっと面白かった……
    面白いから二巻まで続いたんだと思うのですが、千里さんの金魚の愛し方に声出して笑って、俊彦のうろたえっぷりが可愛かったです。

  • 連続短編集2刊目。

    料理もしてくれるアシスタント少女の出番が少なかったです。
    そして能天気な彼の出番が多かったです。
    まぁ主人公は中身と外見のギャップが激しい彼なので
    仕方ないと言えば仕方ない?
    憎めないお馬鹿、と評判の彼。
    最後には恐ろしい悪魔の囁きにぐらっと来ておりましたが…。

    あれここで終わり? という所で終了。
    完全版、の文字を消したという事は
    いつか続きを書く、という事なのでしょうか?
    それとも続きはあるよ、という事なのでしょうか?

  • 前作が面白かったので購入。今回も笑わせてもらいました。今回は男性陣がメインだったような気がします。

    前作ではなかった志木と恋人とのシーンもあって志木が好きな私はによによしてしまいました。あと、志木と東のゲームにはふきました(笑

    それからあの千里が人に説教をするシーンもあってそこはなんだか感動しました。言ってる内容が。

    続編が読みたくて仕方ありません。

  • かなり昔に読んだけど、読み返してみると衝撃的な作品だなあ・・・・と。

    すごく興味深い話だし、自分はバイセクに属していると思うんで彩子さんの発言がとても面白いと面白いと思いながら読みました。

    でも現実ってこの作品に表現されているような綺麗な人たちってなかなかいないものだし、知り合う機会もないんだよね。悲しいことだ。

  • 俊彦と志木の組み合わせがけっこう好きです。
    そして続きがすごく、読みたいです。

  • ******引用******

    おのれのセクシュアリティから目をそむけるような心弱い人は、このような作品では主要登場人物にはなれません。
     (中略)
     本当は、心が強かろうと弱かろうと、同性愛者が同性愛者として、バイセクシュアルがバイセクシュアルとして、ノンセクシュアルがノンセクシュアルとして、後ろ暗さを感じることなく生きてゆける社会になってほしいものですが。いや、しかし、そんな差別も偏見もない夢のような社会になってしまったら、私は反骨精神をなくして腑抜けになり、創作意欲を失ってしまうかもしれません。

    ―― 『あとがき』 p.373

  • 美型だけど風変わりなキャラ達による脱力感満載のお話。

    一応シリーズはここまでとされてマスが、マイペースな彼らにまたお会いしたいものデス。
    10年以上前に書かれたお話なので、現在では最年少のトシちゃんも30歳を超えてる筈。

    どうか幸せに暮らしていてほしいデス。ふふ。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。1966年、東京都生まれ。作品に、「お嬢さま」シリーズ、『地下室の幽霊』(いずれも学研)など。

「2017年 『脇役ロマンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

耽美なわしら〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

森奈津子の作品

耽美なわしら〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする