遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.62
  • (12)
  • (21)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 256
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309572

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)

  • ケイロニアには黒死の病が蔓延し、グインが消息を絶った。パロはケイロニア軍の帰国をとどめる術を知らず、イシュトバーンはヤガへと目を向ける。そのヤガでは、スカールとヨナが潜入を果たした。ちょっとご都合主義気味の展開。

  • ずっとお腹すいてるスカールにキュンときた。ヨナとスカールはヤガ潜入を果たし、イシュトヴァーンは息子を探しにヤガを目指す。いまヤガが熱い。この頃ケイロ ニアでは外伝1巻「七人の魔導師」の出来事が起きている。初出が1979年。壮大というか時間かけすぎというか(後者だ)。この後、中原三国志が始まるはずだったと 思うと未完に終わったのが惜しまれる。イシュトヴァーンが国王や父親としての責任を熱弁していて、お前つい2巻ほど前と言ってること違うやんけ!と言いたくな るが、彼はその場その場で常に本気なんですよ多分。•••多分。

  • この辺りからケイロニアの黒死病の件は外伝1「七人の魔道師」に繋がってる訳ですが、よく覚えてないや^^;一方、ミロク教の激変が今後の中原の勢力争いに絡んでくるんでしょうね。どのようにかは永遠の謎でありますが、ヨナ&スカールの方はまたまた外伝ぽい雰囲気になってるような気がしますw

  • この期に及んで話が大きく動き出し、また面白くなってきそうな展開に。
    前半、ヴァレリウスは相変わらずだがイシュトはずいぶん成長したようにみえるし、後半はいよいよ舞台がヤガへ。イシュトとミロク教の関係は昔から気になっていたので、ここまでたどり着いたのにあと数巻で終わってしまうと思うと残念。
    ケイロニアでは今まさに外伝『七人の魔道師』(昭和56年発行!)の事件が起こっているようで、こちらも再読したくなってしまった。

  • イシュトの魅力復活中~。
    とうとう大いなる三国志へのスタートのうねりが!

    って完結しないんだよな~

  • 最終巻の130巻まで、ラスト4冊。
    外伝いれても、後5冊。ここまできました。

    このペースで読んでいくと、今年中には終わらないかも。

    でも、まだ、大きいお話がこれから動いていくぞという雰囲気があって、それが、とっても好きです。

    今年は、栗本 薫以外のグイン・サーガも動くみたいですが、今はまだ、この栗本 薫のグイン・サーガの世界にひたっていたいです。

  • 最後のあとがき

  • ゴーラ王イシュトヴァーンは、わずかな兵を率いてクリスタルを訪れ、リンダに結婚を迫った。リンダは、すでにアル・ディーンとの婚約が成立しているとしてイシュトヴァーンの要求を退けるが、彼はしばらくクリスタルに滞在することになる。さらにイシュトヴァーンは、フロリーとその息子の居場所をヴァレリウスから聞き出そうとする。ヴァレリウスは密かに対応策を講じるのだが、そこへケイロニアから火急の知らせが入る。

  • ぉぃぉぃ、また面白くなってきそうじゃないか…

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする