天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.01
  • (110)
  • (157)
  • (79)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1200
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309688

作品紹介・あらすじ

西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていた。しかし臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に、植民地全域に配電制限などの弾圧を加えつつあった。そんな状況下、セナーセー市の医師カドムは、"海の一統"のアクリラから緊急の要請を受ける。街に謎の疫病が蔓延しているというのだが…小川一水が満を持して放つ全10巻の新シリーズ開幕篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SF。
    2803年。植民星メニー・メニー・シープ。
    各章ごとに中心人物が代わり、物語が広がりまくり。想像力が追いつかないぞ…。
    五章のアクリラたちの冒険は鳥肌モノでした。
    イサリ、クレヴ、カヨ、ベンクト…。人間以外のキャラクターが好きすぎる。
    早くも傑作の予感しかない。絶対にシリーズ全冊読むぞ!

  • SF、最近読み始めました。

    未知の世界を体験するSFを読み進めるためには、
    序盤にどんな世界で、どんなキャタクターが居て、どういう対立があるか、
    がスッと入ってこないと、半分も読めないことが多い(気がする)。

    本作は、特異な世界観、多数の種族、画一的でないアンドロイドたち、
    と把握すべき事項はかなり多いことに加え、まだ明かされていない隠された設定まである。
    しかしながら、村のピンチと種族間の協力、というちょっといい話でスルッとこれらの設定が頭に入ってしまった。これはやはり著者の筆力の賜物なのだろう。

    どうやら10巻まで続いているようだが、とりあえずは下巻まで読んでおこうと思う。

  • 上下セットで。
    完結したとの報を受け、満を持して読み始めました。

    超、おもしろい。

    以上です。

  • 遠未来の宇宙移民が描かれますが、何周かまわって19世紀のような雰囲気もある。SF的要素と、技術が失われている感じの世界観が面白い。

  • ベンクトがバイオリン弾きに来るシーンが好き。表現したいことが伝わるのって嬉しいよなあ、ラバーズの境遇も相まってうるっときた

  • 最終巻の10巻シリーズが発売され始めたことを受けて、「天冥の標」の一気読みを始めました。

    序章の1巻・上巻。

    メニーメニーシープ各地で動き出した出来事が、惑星全土を揺るがす事件へ収束するのはいつの日か。

    贅沢な一気読みになりますように。

  • 古書購入

  • 【要約】


    【ノート】

  • 天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

  • 62:00:00

全105件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 一水(おがわ いっすい)
1975年生まれ。岐阜県出身。男性。1993年、17歳で応募した第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で佳作入選。1997年、『まずは一報ポプラパレスより』で作家デビュー。
2004年、 『第六大陸』で第35回星雲賞日本長編部門を受賞。2006年、 『老ヴォールの惑星』に収録されている「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞。 『老ヴォールの惑星』は「このSFが読みたい!」ベストSF2005国内編で1位にも選ばれた。2011年、「アリスマ王の愛した魔物」で第42回星雲賞日本短編部門を受賞。2014年に『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

小川一水の作品

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする