虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.13
  • (1756)
  • (1719)
  • (750)
  • (152)
  • (49)
本棚登録 : 11541
レビュー : 1547
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夭折の作家 伊藤計劃の数少ない著作。ゲーム、メタルギアシリーズの影響を色濃く受けている。世界観はほぼ同一と言っていいだろう。虐殺を引き起こすことによって、紛争をコントロールしようとする男とそれを追う特殊部隊員。
    どんな人間にも最初から脳内にある虐殺器官。最後にそのスイッチを自ら入れることによって、世界に復讐する主人公、そこにはいっさいの救いがない。

  • 文章力は感じるが美しくない。
    虐殺の文法についても非常に曖昧なのが残念。

  • 2回挑戦したけど
    絶賛されているのがわからない
    どんだけレビュー見てもみんなおもしろいって言ってるからショックをうけた。
    私こういうSFは日常好きじゃないのかもしれない。
    最後まで読もうと思って読んでたけど9割まで読んで断念

  • 設定の作り込みはすごいが、それだけ。ただでさえストーリーの進みが遅いのに、設定を盛り込みすぎてテンポが悪すぎる。伝えたい主題を加工もせずに盛り込みすぎるから、自分語りが多くてストーリーが進まない。好き嫌いが極端に二分されること間違いなし。文章も一昔前の訳文みたいで読みにくい。古典とか文学が好きな人は楽しめるかも。エンタメ好きな人にはまず合わない。80年代の海外SF小説のよう

  • 私には読みにくく、合わなかった。

  • つまらないから途中で止めた。

  • 何が面白いのかよくわからない。あと映画「エンゼル・ハート」の血を拭く女性は、映画の中で自殺した人の奥さんだって言っている。

  • リアリティを出しつつSFにしたかったかもだけど、結果的にどっちつかず。
    近未来システムも面白そうなのに、想像力がなかったのか深くは描かれてない。
    戦闘シーンも期待はずれ。
    だらだらと愚痴みたいなのが続いて、スピード感がないし、主人公の魅力がなくて、ただの中2病っぽい。
    後味悪い話は好きだけど、薄っぺらさが残念だった。

  • 20110000

  • 近未来の描写については、素晴らしい発想と思いますが、ストーリーと主人公に何ら共感が持てませんでした。

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

伊藤計劃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊藤計劃
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする