微睡みのセフィロト (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : 獅子猿 
  • 早川書房
3.57
  • (22)
  • (81)
  • (69)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 588
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.07.02 読了

  • 冲方丁の著作を初めて読んだ.もっと早くに読めばよかったと思えるほど,面白かった.
    頭のなかで情景を映像化しなから読んでいたけど,どうもパッドはバトーの声で再生される.ラファエルは分からない.

    最後の方の,思考ロックを解除されたパッドがラファエルを連れ出すシーンはカッコ良かった.
    最終局面の時間操作について,跳躍は「1秒を長くする」という奇妙な表現で理解出来るんだけど,沈むというのは「1秒を短くする」というのでいいのかな?
    1秒が一瞬で終わってしまうから,自分の身に何が起こったかが全くわからない,みたいな.
    そもそもこの解釈もあってるのだろうか.

    中編小説だけあって,とんとんと物語は進む.
    読みやすいとも言える.まどろっこしい描写も無く,シンプルなのだ.重厚な世界観ではあるけれど,さほど難しい表現も無い.
    他の本も是非読んでみたくなった.

  • マルドゥックスクランブルやらその後の冲方作品の「ネタ」が詰まっている感じがする。あっさりと読めて良い作品。まとまっているし。
    しかし、これ。シリーズ化しても良いのではないかなぁ~と思う。

  • 超越した力点が、仄かに香る。

    (以下抜粋)
    ○私に謝るのではなく、自分に対して謝るのだ、ピエール。
     お前は、銃よりも強い(P.60)

    ○選択する未来への自由さには、現実への耐性が不可欠なんです。(P.72)

  • 2014/6/15

  • [2013.11.07]

  • 鋭くてハードなSFの王道的な感じはそのままに、ラノベちっくな雰囲気もあり。読者の年齢層が広がるかも。

  • 物語世界の構築に前半が占められていて、ちょっと退屈だったが後半戦闘シーンが入ってくるころから徐々に勢いが出てきて、やっとこさ読了。
    守りたい人に死なれてしまった者たちの悲しみ・憎しみが昇華されて癒されていく話。お互いに守りたいと思い、実際に守られていた。

  • 冲方丁の初期の長編。やがてマルドゥックスクランブルに至る世界観、人物像が見られる。面白いけど、マルドゥックスクランブルが深く描かれていたために、どうしても全てがその原型であったりプロトタイプのように読めてしまう。

  • ☆3.7
    続くのかな?今後どうなるのか楽しみ。
    ムツカシイ単語は飛ばし読み。

全70件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

微睡みのセフィロト (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

冲方丁の作品

ツイートする