機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 機龍警察シリーズ、1作目。

    近接戦闘兵器体系・機甲兵装が装備されている至近未来でのお話。

    確かに機甲兵装が存在する時点でSFの世界なのだが、それ以外は現在の世界と感覚はさほど変わりない。警察内部での軋轢云々も、他の警察小説と変わりなく読める。特殊な設定はもちろんあるが、警察小説好きな私でも満足な内容だった。

    登場人物のキャラ設定も魅力的。警察の機甲兵装の新型機・龍機兵を操る三人はもちろん、部長の沖津や捜査員の面々も含め、特捜部メンバーそれぞれがキャラ映えしていると思う。
    まだシリーズモノの1作目なので謎な部分も多いが、今後のシリーズ続編で明らかにされるのを楽しみにしつつ、ストーリー展開にも大いに期待を寄せたい。

  • カッコいい!

     いきなり気に入った! とにかく、三人の傭兵がシブ過ぎる。ワクワク感満載の近未来ヒーロー戦隊だ。

     元軍人、警官、テロリストの三銃士が、日本警察の一部となって、悪と戦う。本書はそのプロローグ編だ。シリーズ全制覇しよう!

  • うーん。続編の評判が良いのでトライ&読了したものの、まずは食い足らなさが強い。治安の悪化した近未来の『雰囲気』を感じないし、機甲兵装も便利すぎ強すぎの説得力が弱い。魅力はあるが目新しさが全体的に足らない。続編は購入済なので、この感想を是非払拭して欲しいところです。

  • ロボットの出てくる警察ものの小説っていうから、もっとライトなものを想像してたら、ものすごいハードな警察小説でびっくりした。
    でも飽きさせることなく一気に読ませるのはなかなかすごいと思う。おすすめの一冊。続きも読んでみよう。

  • 近未来を舞台にした警察小説、という感じ。常に緊迫した油断ならない状態で飽きさせない。

  • 人が操縦する機甲兵装が存在する近未来。
    警視庁に新設された特捜部の主力、新型機”龍機兵”を操るのは警察官ではなく、元傭兵や元テロリスト、元ロシアの警官という契約社員だった…
    機甲兵装のアクションがメインのSFかと思いきや、中身はけっこう警察小説。龍機兵の搭乗員と警察官、特捜部とその他の部署が対立しながらも巨悪に立ち向かう。キャラもよく書き込まれており、立場が違うそれぞれに共感できたし、構成も整っていて隙がない。
    しかしシリーズ化前提で書かれたもののようで、この巻だけ読んでも謎はいくつも残る。特に龍機兵の謎がほとんど説明されていないのでちょっと拍子抜け。壮大なプロローグのような感じで、面白いのでぜひ続きを読みたい。

  • アニメ化できそう。

  • キャラクターがかっくいいー!
    惚れてまうやろぉ!

  • #読了。警視庁特捜部は2足ロボットのを用いた犯罪に対抗するため、3人の傭兵と契約し、彼らを最新機種「龍機兵」を搭乗させる。ロボットものと聞き若干苦手意識のある中読み始めたが、スペックや機械自体の説明もうるさくなく、面白く読めた。

  • 冒頭の事件から一気に引き込まれ、そのままの勢いで読了。
    これまでもパワードスーツ状の兵器に人が乗り込むという設定は多々あったが、警察小説にその要素を巧みに融合させている点で秀逸。登場人物それぞれの背景も感情移入しやすく、先が楽しみなシリーズだ。

全175件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする