機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  説明的なナレーションが多すぎて苦手。せっかくなので時間があれば続編も読んでみる。

  •  ひさびさに一気読み。
     ハードボイルドなパトレイバー、って感じです。

  • <あらすじ>
    大量破壊兵器の衰退に伴い台頭した近接戦闘兵器体系・機甲兵装。『龍機兵(ドラグーン)』と呼ばれる新型機を導入した警視庁特捜部は、その搭乗要員として姿俊之ら3人の傭兵と契約した。閉鎖的な警察組織内に大きな軋轢をもたらした彼らは、密造機甲兵装による立て籠もり事件の現場で、SATと激しく対立する。だが、事件の背後には想像を絶する巨大な闇が広がっていた……“至近未来”警察小説を描く実力派脚本家の小説家デビュー作!
    ちょっと文面からは、機龍兵のイメージがわかない・・・。
    面白かったけど、まだ設定が多少不足している感じかな。

  • 小説

  • 機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

  • 血まみれパトレイバーという評がどこかにあったが、ガサラキ警察版+アメリカの警察小説にある内部監察物って感じかな。良いぞ、凄くいい。そして、最初から続編前提なのかな?これ。続刊中で少しずつでもドラグーンの秘密は明らかになると期待して良いのかな??

  • 姿、ユーリ、ライザそれぞれの背景や人物像がなかなか興味深い。(最初はなかなか頭に入ってこなくて読みにくいかな・・・と思ったけれど、何度も行きつ戻りつしながら読み進めていくと、どんどん興味が広がった感じ。)続く第2、第3の話も読んでみたい。

  • 二作目を先に読んでしまったが、それなりに楽しめました。
    二作目のあれって。。。気になっていたこともスッキリ!

  • SF警察小説。機甲兵がテロに使われる発想がすごい。続きが気になるが、最新作まで、5作あるんですね。

  • 面白い。シリーズものだがどういう結末に向かうのか凄く興味がある。

全175件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする