機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パトレイバーをベースにフルメタを少々と、新宿鮫風味にした感じ?

    充分面白いんでいいですけど。

  • 馴染む描写設定だが、この小説が明日の時代背景のなかに近未来を描き切っている点が特徴的。近未来の時代背景でなく今であるから面白い。エンターテインメントではあるけれど、良質なSFを読みたい人にはいいかな。

  • SF×警察小説。娯楽小説としてはかなりイケてる部類だと思う。
    読み終わった後の印象がやや薄い。人物の過去に立ち返る描写が多く本筋のストーリーが薄いせいかも。
    設定の描写にかなりの紙面を割いているようなので、次巻以降に期待。

  • こちらも奥トレで交換してもらった1冊。推理系とロボットが好きならということで紹介してもらって、確かにその通り!とてもおもしろく、テンポよく読めました。結構シリーズも出てるみたいなんで、機会があれば他のも読んでみたいかな。

  • 近未来警察小説の名にふさわしく、SFだけではなく、警察小説だけではない、新しいテイストの小説です。
    警察内部の問題や、警察官としての在り方が描かれています。
    人間描写も優れており、主人公の過去と現在が入り乱れ、物語が進行していきます。
    楽しめました。

  • 近未来の東京。沖津特捜部長率いるSIPDが龍機兵(ドラグーン)でテロリストと戦う。作者はアニメの脚本を執筆していたとのことで、冒頭から迫力ある描写。映像化してほしいな。娯楽超大作だ❗

  • エヴァ+パトレイバー。ストーリー展開自体は近未来でロボットが出なくても成立しそうだったため、それらのSF設定にあまり必然性が感じられなかったのが残念。

  • 土漠の花が面白かったので、このシリーズに手を出す。面白い。好きなタイプ。

  • この段階は単なる幕開け。いろんなしかけや伏線のための導入部に過ぎないので、評価もこんなもの。

  • 機甲兵装と呼ばれる人型の近接戦闘兵器が、警察や軍隊、テロ組織等で使われている近未来の警察小説。
    シリアス版パトレイバーと言ったところか。
    近未来と言っても機甲兵装を除けば、描かれているのは警察の内部抗争など、現代とさほど変わらない。

    アニメらしい設定や用語、どこかでみたようなエッセンスの詰め合わせに最初は警察小説として違和感を感じていましたが、作者の月村了衛さんって天地無用!やウテナの脚本家なんですね。wikiみて一瞬で納得…。

    ハムや警視庁、叩き上げキャリア、神奈川県と東京との壁など、コッテコテの要素詰め合わせですが、そこに警察小説に見慣れないこれまたコッテコテのSF要素が加えられることでとても面白い作品に仕上がっています。

    +に+を加えたようなジャンクフード的作品として読む分には楽しめるかと思いますが、真面目な警察小説、真面目なSFを求めている方には向いていない作品とも思います。

全175件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする