機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語をすべて読み終えたあとに作者のプロフィ―ルを読んで

    やっぱりアニメ畑出身の人か、と思った

  • スピード感があって、なかなか面白い

  • 近未来SFでアクションたっぷりの警察小説。一気読み。ページ・ターナーという奴でした。

  • 好きなネタなので、面白くて一気に読んでしまいました。
    ただ、一作目としてはキャラの掘り下げが浅い感じなので、なかなか感情移入がしにくい気がしました。

    ライザさんカッコいいなあ。

  • なんとわかりやすい面白さ!

    シリアス版パトレイバーなのか、これは?

    タイトルは赤面の機龍だし、どう考えてもラノベの設定なのに、警察内部の対立を含みつつのテロリストとの戦いを描くハードなドラマです。

    この一枚岩じゃない組織の軋轢をどう克服していくかっていう胃が痛くなるシチュエーションが最近心に響いてきます。

    作者は脚本家だったのか、どうりで。スピーディーなTVドラマのようで、出張中に一気読みでした。

    次作も評判だったようです。楽しみ!

  • 予想外に面白かった。近未来ロボット物と言うことだったのであまり期待していなかったが、むしろハードSFともいえるし、警察ものともいえる出来。
    まずストーリーがしっかりしているし、警察ものとしてじっくり細部も描かれいてる。警察組織の描写、組織間の軋轢、捜査の展開なども文句なし。
    さらに機龍のメンバーのキャラも、少しオーバーワークな設定ながらも丁寧に描かれているのでさほどの違和感はなく読める。
    そして話の展開は、機龍の戦いもあるものの、考えようによってはそれは使用者を選ぶ高性能な武器という程度に考えても差し支えないほど、脇がしっかり固められている。文章も上手いし、これは続きが早く読みたい。

  • 「エヴァ」と「パトレイバー」の中間?
    「ウテナ」みたいに意味不明でなくて一安心。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12081150.html

  • パトレイバー、ワイルド7、新宿鮫などの影響を感じるが「面白くなる要素」をうまく詰め込んでいるので、総合して「24」のようにスピード感がある映像的な作品に仕上がっている。

  • 平井和正の「ウルフガイ」シリーズを思い出した。
    つまり次を早く読みたいと思わせる本。

    「機龍兵」はアニメの影響を受けたことは容易に分かるが、全体のフォルムの描写はなく読み手の想像力に委ねたようだ。

  • 機甲兵装と呼ばれる近接戦闘兵器、その新型機『龍機兵』と搭乗員である傭兵達。
    それを取り巻く警察という社会。
    ハードな至近未来警察小説!!

全175件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする