機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ステロタイプという事について、考えさせられます。

  • 神保町のフェアで著者サイン入り

  • 大人用のマンガ小説?
    キャラがマンガっぽいけど、まぁ楽しめたかな。
    通勤電車で読んだって感じやけど、
    続きが気になった部分はあったなぁ。
    評判の良い続編が楽しみやけど、
    しばらくは読まんでもいいかな。

  • ロボットがしゃんがしゃんの話。キャラがそれなりにたってるので、こっち系(ライノベ系?)苦手な人でもそれなりには読めた。

  • ロボットもの!という事で読んだが、思いの外ガッチガチの警察小説だった。

  • 良い。僕らの世代には、現実のようであり、そうでないようでもある。独特の格好よさがある。

  • 二足歩行する機動兵器が実用化された至近未来が舞台の物語。
    警察のお話と聞いて往年の名作『パトレイバー』を想像しながら読みだしたのだけど、とんでもなく血生臭いシリアスな展開に面食らってしまう。
    しかし、引き込まれてしまった。
    その実は、骨太な警察小説なので、ロボットSFはちょっとねぇという諸兄にもお勧め。

  • 近未来を舞台とした警察小説。

    「龍機兵」と呼ばれる人型兵器が登場したり、それを操るのが警察官の身分を与えられた訳ありの傭兵だったりで、読み始めはもっとライトでSF寄りの話なのかと思ってましたが、かなり“警察小説”の部分が強くて驚きました。

    ある理由から外部の人間を雇い入れる形で創設されたSIPDは、警察内にありながら同じ警官からも敵視される存在。
    その四面楚歌ぶりに気分が落ち込み読み進めるのが辛く、事件も一応解決するもののスッキリとはしない。

    でも彼らが始めた“戦い”の結末は非常に気にかかる。続編も読みたい

  • 三人ともカッコいい
    沖津部長も

  • 悪くない。男の子には嬉しい要素が盛りだくさんですね。(笑)
    頭に描かれる作品は多々あり、一番多いだろうと思われるのはパトレイバーなんでしょうけど、自分的には「フロント・ミッション」というスクウェアのゲームでした。映像化したらたまらないですね。
    ただフロント・ミッションでお決まりのゲイやオカマの登場人物はおりませんが(笑)

    特捜という特殊なセクションの設定もさることながら、個々の登場人物の描写が意外にもキッチリしている為、続編への序章としても良い作品だと思う。続編への伏線も張られてて、ちょっと王道感も拭えないけど、楽しみになっちゃう(笑)

    ユーリさんには是非次作以降での活躍が期待ですね〜

全175件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする