機龍警察(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.73
  • (81)
  • (202)
  • (160)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 1097
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150309930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近未来の警察小説である。テロと戦うために、警察に雇われる傭兵なのだが、戦う相手は過去に同僚であったというストーリである。傭兵たちの心の葛藤と、近未来に登場する機甲兵装なる武器の詳細と、どちらを描きたいのか欲張り過ぎて、焦点が定まっていない気がする。当然、この一冊では完結されていない。

  • 9月-6。3.0点。
    機龍警察シリーズ第一弾。近未来の警察、二足歩行のロボットに乗る特別捜査班。
    傭兵などを雇ったため、SATや警察内部からの反発が凄い。
    都内の地下鉄に、外人の機兵が立てこもる。

    シリーズ第一作。未来の警察もごたついているのだ。

  • これはまず警察小説であり
    ハードボイルドアクションです。

    機龍を操っての戦闘シーンより、
    戦いを生業としたプロ集団の男たちを描くことに
    力点が置かれていて、心理描写の方が多いです。

    その上で機龍での戦闘が。私達の知っているのと
    よく似た近未来の東京に書き込まれていて
    こちらの想像力を容易に喚起させるのが上手なところ。

    この方は、初読の「土漠の花」の時も思いましたが
    ステレオタイプのお約束、とわかっていることを
    面白くツボにハマる形で読ませるのがお上手です。

    陳腐というより、「お約束」に溺れ、好きなだけ
    脳内で想像して堪能する面白さを提供してくれる。
    アニメの脚本家さんでもあられるので尚更でしょう。

    かつての藤川桂介氏のお作を彷彿とさせます。

    この、斬新な世界でお約束にハマるという
    暗黙のルールがお好きでない方には、もう一つ
    「どこかで見たような」
    という不満がぬぐい去れないかもしれません。

    が、そここそがいいんじゃないか。
    俗っぽく言えば厨二で何が悪い。
    細けぇこたあいいんだよ、という向きには
    すごく面白いはずです。

    そういう意味では人を選ぶかしら。

    警察と機龍をめぐる犯罪。機龍そのものの謎。
    過去をそれぞれ背負った人物たちの心の行く先。
    物語で解き明かされるべきことはまだ端緒に
    ついたばかり。次作を読ませるヒキは十分です。

    設定がしっかりしている上に、組織小説
    群像小説としても面白く
    エンタテイメントとしては最高ですね。

    アクションも小気味いいですし、これを
    アニメにしたらさぞやと思います。

    アニメからノベライズしたものより
    しっかり読ませるのが私には嬉しく

    アニメをノベライズした時に感じる
    無理に小説に向かないものを小説にしたザラ感が
    ないので楽しめました。

    これはやはり、読んで楽しむものなんだなと。
    そう来なくちゃね、と思う読後感でした。

    ちなみに星が3つなのは、シリーズ化が前提で
    ここではお話が完結してないから、です。

  • 脚本みたいなこなれてない文章なんだけど、妙に読みやすい。
    「どうや、これ、かっこいやろ!?(ドヤァ)」とこれでもかと見栄を切った盛り上がり方は、王道だけど堪らない熱量。一気に盛り上がるよ。
    私はライトノベルのライトとか、ベビーとか、その重量は分からないけど、ハヤカワSFっぽさ、ちゃんとあるよ。刑事物特有の確執と、陰謀のその濃厚さにページをめくる手が止まらなくなりました。
    読書する習慣がここ数年なくなっていたので、リハビリの意味でもこの作品は読みやすくて、読むことの面白さを思い出させてくれた作品。

    ってか、『少女革命ウテナ』の脚本家なんですね。道理で脚本みたいな…

  • 読む前は「パトレイバー?」って思いましたが、なかなかハードな警察小説でした。活躍が少ないかなぁ、敵の方が大活躍で強そうです。

  • 文字媒体より、映像で楽しみたい・・・というか、映像でないとイマイチよくわからん。
    アニメとかいいんじゃない?

    でも、わからんなりに面白かったです。

    登場人物は、面白そうだけど、イマイチ魅力を感じるまでに至らない感じ。
    すでに第2弾読み始めてるので、こちらに期待。
    じわじわ面白くなってきそうな気はするんだ。

    カテゴリに悩むわ。ミステリって感じでもないし、とりあえずSF

  • 面白かったけど機龍あまり関係無いと言うか。それ以外の部分で面白くて、メカの必要性をあまり感じ無かった

  • 2016.8 19

  • 戦闘シーンの躍動感、登場人物のキャラと過去がとても印象に残った。面白かった。

  • 外殻兵器 龍機兵を有する警視庁特捜部。
    龍機兵はロボットではなく、また、通常の武器でもない。
    特殊な経歴を持つ特殊な運用者の下で、極限の闘いを強いられる龍機兵。
    しかし本書は、ただのロボット戦記ではない。
    各兵士が、ドラグーンに乗るまでの人生、経験、そして、彼らを狙う第三国の勢力、さらに他所者を嫌う警視庁の体質など複雑に絡み合う愛憎の中、龍機兵は闘いそして生き残る。
    龍機兵シリーズの第一作。当然のように、次作に続く。

著者プロフィール

1963年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。2010年、『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に『機龍警察 自爆条項』で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』で第68回日本推理作家協会賞を受賞。他の著書に『神子上典膳』『機龍警察 狼眼殺手』『コルトM1847羽衣』『東京輪舞』などがある。

「2019年 『悪の五輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

月村了衛の作品

ツイートする