銀河乞食軍団 黎明編 4 誕生!〈星海企業〉 (ハヤカワ文庫 JA タ 10-4)

著者 :
  • 早川書房
3.50
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 銀河乞食軍団 黎明編 4 誕生!〈星海企業〉 (ハヤカワ文庫 JA タ 10-4)

  • このシリーズ、読み出す前は心配だったが、読んでみると十分合格点。あとがきにもあるが、これからいろんなメンバーが集まってくる話が続くと楽しいなぁ。

  • はあああー おわっちゃったー
    きっと景清は死ねずに生きてるだろうね
    和尚半端ないね
    はー駆け引きのかたまり!面白かった

  • 銀河乞食軍団の星海企業の誕生までを描くシリーズ最終巻。
    シミュレーション小説のように延々戦闘シーンがp220まで続いてもうお腹いっぱいになる。
    最終章「始動!星海企業」は良かった。

  • <蒼橋>動乱から3年後のお話で、和尚の口調が御隠居みたいになってるのがおかしくてしょうがないwww それともあれが本性かw ところで1巻の冒頭で出てきた御婦人は誰だろう? 末富さんじゃなさそうだ。まさかロイスでもないよねぇ? あと、越後屋はどうなった? なんか色々謎が残ってる気がしないでもないが...野田昌宏さんのオリジナルを読めば分かるのかなぁ?

  • -

  • かなりストイックなSFの、作者さんがお亡くなりになった後を引き継いで書かれた外伝。
    ゆえに本編のイメージを壊さずに話を進めるのは大変だったのではなかろうかと。
    結果として、いい作品になってました。
    ストイックなまでの描写。科学的設定は最近この手のシッカリしたSFが無いなぁと思い出させてくれました。

    いやぁ、面白かった。

  • 蒼橋騒乱も決着していよいよ銀河乞食軍団の誕生に至る話になりました。お馴染みのメンバーも出て来て楽しいです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

たかみ・かずゆき。1958年静岡県生まれ。元・埼玉県警勤務。00年電撃文庫から『時空のクロスロード~ピクニックは終末に』でデビュー。異世界ファンタジー、スペースオペラ、第2次大戦をベースとした架空戦記、学園コメディなど、幅広い作風で、既刊50冊以上を数える。

「2010年 『飛べ! ぼくらの海賊船 (2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷹見一幸の作品

ツイートする