マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

著者 : 冲方丁
  • 早川書房 (2010年10月8日発売)
4.08
  • (146)
  • (192)
  • (78)
  • (16)
  • (1)
  • 本棚登録 :1229
  • レビュー :90
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310158

作品紹介・あらすじ

少女は戦うことを選択した-人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したパロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力と正確無比な射撃で、次々に相手を仕留めていくバロット。しかしその表情には強大な力への陶酔があった。やがて濫用されたウフコックが彼女の手から乖離した刹那、ボイルドの圧倒的な銃撃が眼前に迫る。緊迫の第2巻。

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ボイルドの襲撃で負った傷をいやすため、バロットたちは楽園と呼ばれる化学技術施設へ逃げ込む。そこでシェルの犯罪の証拠の在り処をつかんだバロットたち、は証拠のあるカジノへ乗り込むことを決意する。

     楽園での場面で印象的なのはボイルドと楽園の責任者であるフェイスマンとの会話。価値とは何か、技術の功罪は、といった哲学的な対話が非常に面白く読めました。

     そしてシェルの犯罪の記憶が入ったメモリーを手に入れるためバロットたちはカジノでのギャンブルに挑みます。ルーレットのスピナー、ベル・ウイングとの対決も読み応え十分!

     カジノの運営側と客側という金を奪い合う、という対決の図式を越えての「この人を越えたい」というバロットの純粋な思い、そして徐々にバロットの実力と裏に隠された思いの強さを理解し、全力で相手をするベル・ウイングのカッコよさたるや…

     終盤のブラックジャックはギャンブル心理や駆け引きがしっかり書き込まれていてルールが分からなくても、とても興奮して読めました。

     そしてバロットとウフコックの絆が徐々に強まってきているのも分かります。全巻の最後でバロットがウフコックを傷つけてしまいます。
    それでもウフコックはバロットを優しく包み込み、バロットはその信頼に応えるため自身の能力を極限まで引き出し、ウフコックもバロットに対し信頼するようになっていきます。その過程の描き方も素晴らしいです。

     最終巻となる次巻もとても楽しみです。

  • 第二部は一気読み。
    前巻からその兆しがあった通り、当巻ではボイルドの深層を丁寧に描いていた。それは、もちろんバロットとの対比であり、彼女があるべき姿を暗に滲ませてもいた。

    動かざる過去に対してどう立ち向かうか。
    まだはっきりとした見解は出せていないが、バロットとシェル、そしてボイルドともにその姿勢は異なる。
    過去を正面から見つめ、克服しようとするのがバロットだとすれば、過去の忘却という逃避に走ったのがシェルであり、過去に取り憑かれたまま身動きがとれていないのは、実はボイルドなのかもしれない。

    何れにせよ、そういった主要人物の深層に止まらず、あらゆる面で丁寧に、解りやすく描写を心掛けていることが、この作品の大きな魅力だと思った。

    一部は活動の高揚感。二部は思考の刺激。三部はどうなるんだろう。楽しみだ。

    ー3rdへ続く

  • 本格SF。ギャンブルの話も。かなり面白く。

  • 戦いを勝ち抜くのは、何も圧倒的な重火器力だけではないことが
    この2冊めと、3冊目の大部分を費やして描かれます。
    シェルの犯罪を立証する証拠を握るべく、
    バロットはシェルの経営するカジノに乗り込むのですが…。
    BJのルールを解って読んでると、息が詰まるような熱戦が。

    よくわからないと、最初はついていくのに大変ですが
    頑張って読み進めて下さい。3巻でいろいろ見えてきます。

    ところで。

    ウフコックやボイルドが帰属していた研究機関「楽園」が
    登場します。が…。
    ここの何かは、確実に有益で正しく、
    物悲しいほどの均衡と叡智を持っているのに、
    確実に何かが間違っている…

    そんな寂寥感と終末感が切ないです。

    これはどこかいびつだと感じて、ウフコックは外に出た
    のだろうなと、私は感じました。

    どんな障害や疾病、傷を持っていても、ある意味万能に
    生きられる、そんな世界は、確かに桃源郷。
    それを差し出されたら私は、どうするでしょう。

    愛する人に鳥籠で捕らえられるのなら、一種のファンタジー。
    でもここには、その優美さはありません。

    でも…私もやはり、猥雑でも良い。
    傷つけられる怖さと可能性を孕んだ都市へと出ていく気がします。

    過去と向き合うことを放棄したものは、冒険小説の
    主人公にはなれません。

    楽園でのいろんな邂逅や、カジノでの熱戦は、バロットが
    自分の内面と過去に降りていく、その長い縄梯子なのかも
    しれないのです。

  • 世界の仕組みがだんだんはっきりしてきて、それに応じてのめり込めるようになってくる第2巻。楽園内部のシーンは印象的で、イルカやサメが宙を舞う幻想的な情景に癒されるけど、化け物の出現で叩き壊される。で、後半の舞台は、いよいよ核心に近付いた感のあるカジノ。腹の探り合いとかスリリングなんだけど、その薀蓄を含めた描写が、どうも冗長に感じられてしまいました。女主人公の性能とか、ネズミとの相性とか、印象付けるために必要な展開かもしれないけど、それにしても…と思ってしまいました。残るは下巻。怒涛の展開を期待してます。

  • 感想はThe 3rd Exhaustに纏めます。

  • 単純なバトルにならないんだと思った第2巻

  • 2011/5

  • 15/06/06、ブックオフで購入。

  • 1stから一転,収束への助走期間,嵐の前の静けさ,つかの間の休息.3rdに待ち構えているであろう怒濤の結末を予感させる.

全90件中 1 - 10件を表示

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

冲方丁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
伊藤計劃
米澤 穂信
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)に関連する談話室の質問

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)に関連するまとめ

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする