The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : 岡和田 晃 
  • 早川書房
3.81
  • (112)
  • (249)
  • (145)
  • (29)
  • (3)
本棚登録 : 1858
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コレは雑誌?文庫本に求める要素は著しく欠ける

  • ハーモニー、虐殺機関、の素描的作品集。それぞれ独立したおもしろさもある。
    007がこうなるか。
    作者の夭逝が惜しまれ、唇を噛みます。
    円城塔さんには心底感謝。

  • ボンドとスナッチャーと
    グレイフォックスと蛮族とワトソンと。

    コジプロ作品に関係する2つはどちらも興味深く、特にスナッチャーは面白かった。先に虐殺器官を読んだので、読み比べる楽しさもあった。

    蛮族の短編は文章を怒りと憎しみを感じる程にまたそれが面白いなと感じた。

    ボンドの話としては伊藤計劃らしさというものがチラチラと垣間見れ、個人的には凄く好きだ。

    屍者の帝国は、すべて読んでから感想を書こう。
    楽しみだ。

  • 「女王陛下の所有物」★★★
    「The Indifference Engine」★★★★
    「Heavenscape」
    「フォックスの葬送」
    「セカイ、蛮族、ぼく。」★★★★★
    「Automatic Death ■episode 0」★★★
    「From the Nothing with Love」★★★★★
    「屍者の帝国」

  • かっこよすぎる。最高。

  • 【印象】
    アフリカ少年兵への戦後の処置、精神的不死のイギリス諜報員、他。
    意識、認識等について。

    【類別】
    小説。漫画も少量。短編集です。
    SF。

    【構成等】
    一部に仕掛けを持つ作品があります。

    【表現】
    語彙には多少の専門的用語が含まれます。

    【備考】
    未完の作品や長編の元となった作品、共作も収録されています。

  • 「The Indifferent Engine」「From Nothing, with Love」「屍者の帝国」が良かった

  • じょおおおおおおだんじゃない。

  • 2014年7月2日読了。未完のまま絶筆となり後に円城塔が完成させた『屍者の帝国』を含む、伊藤計劃の短編集。『虐殺器官』の骨格となったと思しき短編や、小島秀夫監督のゲーム『スナッチャー』『メタルギアソリッド』などに影響を受けた短編なども収録されており、取り留めないながら著者の思考の過程をなぞれるような作品集で大変興味深く読めた。この人の描く、現在よりももう少しテクノロジーと戦争がありふれたものとなった世界は、ひょっとしたらもうすでに現実のものになっているのかもしれない。洗脳され兵士となった少年を淡々と描く冒頭の短編から、どうにもやりきれない気分で満たされる・・・。

全201件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

The Indifference Engine Kindle版 The Indifference Engine 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする