The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : 岡和田 晃 
  • 早川書房
3.82
  • (113)
  • (250)
  • (145)
  • (29)
  • (3)
本棚登録 : 1866
レビュー : 202
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 虐殺器官のスピンオフである「The Indifference Engine」と、007シリーズを独自の視点で書いた(と思われる)「From the Nothing, With Love」がお気に入り。
    最初のページから、これが読みたかったんだよ!!となった。
    屍者の帝国読んで見よかな

  • The Indifference Engineの少年の心の葛藤に、意識に共鳴します。純粋であることってどれほどの痛みを伴わねばならないのでしょうか。泣かせます。とても思考を促してくる作家です。私の意識はいつもより過敏になります。でもいったい意識ってなんなのでしょう。もっともっと著者の作品を読んで感じて考えたかった。残念でたまりません。

  • 伊藤さんの作品は遠い戦争が少し身近になる気がする。
    短編集で、作品につながるアイディアが散りばめられていた。
    もっと読みたかった・・・。

  • 夭折した作家の思考の足跡をたどることのできる作品集。
    『虐殺器官』、『ハーモニー』などをA面曲とするなら、この本に収録されているのは、世には出なかった優れたB面曲やデモ曲です。
    各作品に含まれる知識・思想がどのようにA面曲に生かされたか、逆にそれらはどこから来たものであったかを知ることができます。

  • 女王陛下の所有物(コミック)
    The Indifference Engine
    Heavenscape
    フォックスの葬送
    セカイ、蛮族、ぼく。
    A.T.D:Automatic Death■EPISODE:0
    From the Nathing, With Love.
    解説(伊藤計劃&円城塔)
    屍者の帝国

  • 表題作は面白く読めた。

    戦争は恐ろしく残酷で絶対あってはならないものある、
    というのは戦争が無い場所で生きている人間の身勝手な
    希望であり妄想の押しつけでしかないかもしれない。

    少年にとって、「終わらさせられた戦争」はまだ終わっていなかった。

  • あまりにも職人芸で日常見るものを書くと却ってホ???と思う。そういえば地続きなのか。

  • 虐殺器官やハーモニーそれぞれの根底的な思想が散りばめられた短篇集

  • 伊藤 計劃 遺稿集から創作をまとめたものだそうな。
    読めば読むほど、早世なさったのが惜しくてたまらない。
    これを読む限り、007をモティーフにした長編とか考えてたな。
    ああ読みたかったですよ……

  • 2009年にこの世を去った伊藤計劃の遺稿集からフィクションだけを抜き出したのが本作だという。

    伊藤計劃以前、以後という区分すら使われるように、存在までもがエポックメイキングとして取り扱われるほど、日本のSFにとって大きな影響力を残した作者。

    中でも「From the Nothing, With Love」が面白かった。

    007へのオマージュもさることながら、上書きされる人格ってアイデアが他の作品のテーマとも共通していて、繰り返し取り扱われている人間の意識について深い興味を持っていたことが窺える。
    経験により行動が規定されると、意識が邪魔になるなんてね。面白いよ。


    蛇足ですが、タイトルもそうだけど、作者がギブスン&スターリング「Difference Engine」をオールタイムベストに挙げていたと知って嬉しくなった。かの作品は自分にとってもベストだった。

全202件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

The Indifference Engine Kindle版 The Indifference Engine 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする