マルドゥック・ヴェロシティ2〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.11
  • (22)
  • (20)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 231
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310783

作品紹介・あらすじ

廃棄処分を免れたボイルドとウフコックは、"三博士"のひとりクリストファー教授の指揮の下、9名の仲間とともにマルドゥック市へ向かう。大規模な再開発計画を争点にした市長選に揺れる街で、新たな証人保護システム「マルドゥック・スクランブル‐09」の任務に従事するボイルドとウフコックたち。だが、都市政財界・法曹界までを巻き込む巨大な陰謀のなか、彼らを待ち受けていたのはあまりにも凄絶な運命だった-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。
    異能バトルも激しくなってきてええですなあ。敵の全貌も見えてきて個性的なやつらでまたたまりませんなあ。
    仲間が死んでゆくという展開も始まりシリアスみを増し、ボイルドの静かな狂気も徐々に危うくなってきて、多方面でいろいろ大変。

  • 傑作。

  • カトル・カールの面々の描写に吐き気を催しそうになるほどの。敵味方、というより誰が敵なのかも味方なのかもわからず、またその有り様も目まぐるしく入れ替わっていく怒涛の展開。先が読めなくて終始興奮する。

  • さらに残酷で救いがなくなっていく第二巻。能力者対能力者の対決が描かれるので、一見マンガっぽいが、ハードボイルドや暗黒小説の方が近い。
    主人公の行動と共に、徐々に真相が明らかになったり、すぐに闇の中に消えたりするところが、チャンドラーのようなハードボイルドのように読める。

  • 欠けたピースが埋まらない。
    ボタンを掛け違えているか。

    (以下抜粋。○:完全抜粋、●:簡略抜粋)
    ○四人一組が三つ。おおよそ指揮官を含めて最適な部隊人数(P.150-151)

  • ボイルドたちが巻き込まれた案件は彼らの有用性を図るというテストという軸に、オクトーバー社一族の世代交代という軸、マルドゥック市をリビルドするややこしい陰謀という軸という三本の軸が複雑に交錯した織物というか。はたまた、魔女の作り出す得体のしれないスープというか。

    で、ハードボイルドとサスペンスとバイオレンスが入り混じり、チャンネルの合わせどころか見つけにくい。あえてわざわざ混線している作り方をしているのが冲方印というもいうが、若くてあざとくて青い。

  • 出てくるわ出てくるわ、とんでもない奴らが。一歩間違えばギャグにしかならない魔改造。「ブルブルブル!」なんて、声に出して言ったら恥ずかしいよ。エルピー・プルならまだしも…。そしてナタリアの様な女性はどうしてこうも魅力的なのだろうか。容姿は考慮しないとして、壮絶な影を背負っているから?それでも尚希望を持って生きようとしているから?いずれにしても皆の未来が開けていればいいのにと願わずにはいられない。

  • 新装版で再読。結局、忘れいているので、読み返しながら思い出すということで読み進む。段々と思いだしてきて先の結末が読めているので、残念ながら初読よりは楽しみが少ないのは否めない。そういった読者側の事情はさておき、相変わらず、敵役のカトルカールの圧倒的な迫力には魅了される。ありとあらゆる障害を乗り越え、圧倒的な戦意を前面に押し出し、なおかつ、セリフが各々のキャラクターを彷彿させながら迫りくるのは本当に素晴らしい。また新装版の表紙カバーで描かれているメンバーの顔も素晴らしい、1巻がボイルドで3巻ウフコック、間の2巻がカトルカールで、09のメンバーでないことからも、本作がボイルドの話でありながらも、同時に彼らの話であることが端的に伺われる。

  • 表紙は今回の悪役、カトル・カールの面々。
    …ちょっと少ないけど。

    話が転がって行ってたのが、
    スピードが徐々に増してる感じの2冊目。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)
1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。
代表作となる『天地明察』は2011年にコミック化、そして2012年に岡田准一主演で映画化されヒット作となる。2019年1月、『十二人の死にたい子どもたち』が堤幸彦監督により映画化。

冲方丁の作品

マルドゥック・ヴェロシティ2〔新装版〕 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする