華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.11
  • (59)
  • (68)
  • (29)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 467
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150310868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭脳への介入とか
    サポートする知性体とか

    進化(?)する生命とか

    未来がこんなんだったら
    いやだなぁ…

    海中生物になる人類はやりすぎ…
    こわい

  • 色々思いすぎて感想書けない

  •  そうきたか、さすがSF!とわくわくした。
     普段の日常生活で思い通りにならないことが多いせいか、ファンタジーやらSFやらで「スペシャルスキル(魔法とかSF的アイテム)」で問題 を解決することにあこがれを抱きがちだけれど、この話で書かれているのは、ほんとに地味な交渉ごと。けれども、大きな力での解決を「暴力」と し、粘り強く交渉を行う姿は尊い。うわーってなる。

     アシスタント知性体ちょう萌える。
     アンドロイド萌えの人におすすめする。

  • 今回も腹の探り合い・ドロドロした自分たちだけ精神とかの駆け引きにへとへと。
    よく分からない読後・・・。
    何とか読み終わってよかった・・・。

  • テンポよく、最後まで面白く読めた。
    ラストの台詞はあとがきによると物議をかもしたように見受けられるが、それができる精一杯なのだと私は腑に落ちた。
    ツキソメやタイフォンといった魅力的な人物をはじめ、設定も豊富に盛り込まれておりこれで何冊も書けるんじゃないか、というところを惜しみなく詰め込んでいて、でも個人の人生すべてには言及しないために、主役が全体(群像劇ということではない)であることが見えやすくなっているのかもしれない。ミドルネームもほとんど説明がないので、唐突に話題に出てくる感じがするが、あまり触れないのは他者との関係構築の形を限定しないためなのだろうか。
    何にせよ久しぶりに面白い本を読んだ!関連作品もぜひ読みたい。

  • いまを生きる世界から少しあと、もしくはかなりあとに起こりうるかもしれないテンペスト。異形の者たちが生き生きと(殺伐と)暮らす世界で、それでも外交官や海の生き物など現実世界の香りが残っているのがとてもいい。
    練りこまれた物語に引き摺り込まれたらあっというまでした。

  • こりゃすごい。びっくりです。SFをあんまり読まないのでよくわからないんですが、こんな本格的なSFを書ける女性作家って、いま他にいるんだろうか。
    ショコラティエの話を書いてる人っていうイメージでした。

    もう気を抜いたら置いて行かれそうなくらい、読むのにも集中力がいる。全部読むのにかなり時間がかかってしまった。
    でも、ページを開けば一瞬で別世界に連れて行ってくれる牽引力はハンパないです。
    専門的な科学的知識(たぶん)に基づいて描かれた近未来は、ぜんぜん見たことのない独特の世界。
    「魚舟」とか「袋人」とか、よくこんなおかしなものを思いつくなあ、っていうのがまずひとつ。イマジネーションの力ってすごい、と純粋に感動しつつ作者の作り出す世界に浸れます。
    環境が変わった自然界に生まれた奇妙な生命体たちが描かれるいっぽうで、それとは真逆の、人間の技術で生み出したコンピューターたちの世界も描かれます。
    人間のサポートをするアシスタント知性体っていうのが登場するんですが、これがちょっとスタンドっぽい、ポケモンっぽい。かっこいい。ほしい。

    でもって、全体としてはスケールの大きな地球規模の異変を描いてるのに、官僚同士の権力争いとか、理解のない上司の下で身動きとれないとか、些末で人間的な小競り合いの描き方もあるあるすぎて絶妙。
    過去のトラウマを抱えつつ理想のために死にもの狂いで動く外交官の主人公・青澄や、海で生きる伝説の女性・ツキソメなどのキャラクターたちもそれぞれの立場でしっかり信念を持っていて魅力的です。

    要するにどの角度から読んでも面白い、死角がない、すんごくよくできた物語なんです。

    壮大な地球の物語、最後に残されたのはほんの小さな希望。
    生き物はどんな形であれ、生まれたからには生き抜こうとする権利がある。
    行きつくそのテーマに大きく頷いて、読了。

  • 同じく、次作の深紅の碑文を読んで、文庫本かで再読。碑文の時にも思ったが、本作では碑文で詳しく語られる人類の主としての記録を伝えるべき建造された宇宙船や、ホットプルームに至るまでの人類の葛藤等はあっさりと語られるにすぎなかったことを再認識。ただし、碑文を読んでいるときには忘れてしまっていたことを思い出すことができ、両作品ともに続けて読めば更に、この世界観に浸ることができるだろう。碑文の際にも記載したが、ぜひ、同じ世界観で取りこぼしてるエピソードを含め、次回作を上梓願いたい。

  • 新たな地球規模の危機。
    皆、それぞれのいる場所で出来る役割を果たして行く。
    外交官の青澄をメインに話は進むが、私が心惹かれたのはツェン・タイフォン。
    体制の中にいて、高官である兄、海上民や部下を守り、海に生きる。
    相棒であった人口知能のマキが、遠く離れた場所から言う最後の言葉が、すべてだと思う。
    「彼らは全力で生きた。それで充分じゃないか」

  • 久々の読書で、すごい大作に出会ってしまった。
    圧倒的に壮大な世界観。実現しない世界を、読者の頭の中に、こんなにも鮮やかに再現させられるなんて。想像力が掻立てられる文章につられて、どんどんページを捲ってしまう。

    この世界を取り巻く環境やシステムが大きく変わっても、変わらない人間達、政治。
    自分の信念を信じて、より良い世界の実現のために、時にぼろぼろになりながら、真摯に闘う主人公の生き方に胸が熱くなった。
    「彼らは全力で生きた。それで充分じゃないか。」

全56件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。2011年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。同作は「SFが読みたい! 2011年版」国内篇第1位に選ばれ、『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』の各表題作、『華竜の宮』の姉妹編『深紅の碑文』と合わせて《Ocean Chronicleシリーズ》と呼ばれ、読者からの熱い支持を集めている。近著に『妖怪探偵・百目』シリーズ、『薫香のカナピウム』など。

華竜の宮(下) (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

上田早夕里の作品

ツイートする