ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.94
  • (34)
  • (53)
  • (26)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 375
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさかの人間失格インスパイア。

  • 一言でまとめると、童貞が人間としての女を好きか嫌いかすっ飛ばして肉体としての女の美しさに囚われてトチ狂った話、人間失格風。こういう拗らせた話は好きだ。文体が古風なのに、近未来というちぐはぐさが良い。しかし、何故に名前が飛鳥時代の豪族達?

  • アニメ『ファンタジスタドール』を知らないので楽しめるか不安でしたが、しっかり楽しめました。
    人には当然あるべき人間性が、自分にはないと苦悩するなんとも人間らしい話。
    裏表紙にも記されている「この人は、女性がそんなに好きではなかったんです」という台詞をそのまま解釈するべきなのか、発言者がそう思いたいだけなのかちょっと迷います。
    悩む姿があまりにも切々と語られているので認めたくなくなってしまいました。
    アニメとは雰囲気もキャラクターも全然違うようですがこれが原点と踏まえて、彼らが動かした後の世界を見てみたくなった。
    組織の名前、その落とし所が好きです。

  • ドールを開発した天才たちは人間失格だった。心情描写が陰鬱であったため、ともすれば理想の女性としてのドールを開発する倫理的嫌悪感を抱かせかねないのだけれども、越智と出会い、隻腕となったこと、中砥と交わらなかったことで嫌悪感は消えた。
    アニメは理想の女性としてのドールたちが、開発時にあった暗い部分を引き摺らず生身の少女の成長を助けている。アウェイキングの裏側を知ってアニメを振り返ると、うずめや小町らマスターがドール達に求めているものとドールの開発者が求めていたものは同じであり、世界観は統一されていると感じた。

  • 表紙の毒々しい図柄はおそらく六方最密充填構造。作中に登場するので。

  • アニメ『ファンタジスタドール』のノベライズ。
    特にアニメを見ていなくても……というか、タイトルすら知らなかったのだが、さほど違和感もなくストーリーを追いかけることが出来た。アニメを見ていた人が読んだらどう思うんだろうか?

  • まあ、賛否わかれるでしょうなw

    ファンタジスタドール イヴ (けーた)
    http://blog.livedoor.jp/akinator/archives/33318558.html

全38件中 31 - 38件を表示

著者プロフィール

『[映]アムリタ』が第16回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞、同作品にてデビュー。『know』が第34回日本SF大賞にノミネート、『バビロン』がTVアニメ化。ほか、TVアニメ『正解するカド』、劇場アニメ『HELLO WORLD』の脚本も手がけるなど、多方面で活躍中。

「2019年 『舞面真面とお面の女 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

野崎まどの作品

ツイートする