宇宙軍士官学校―前哨―4 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
3.83
  • (8)
  • (20)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311377

作品紹介・あらすじ

全世界から選抜された子どもたちは、来たるべき粛清者の攻撃に備え猛訓練を続けるが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ケイイチたちは教官になり、生徒たちの指導か…展開が速い。また、粛清者がやってくるのも、すぐになりそうだ。
    アニメ化した戦闘シーンが見たいな。

    ヒューイとデューイ…『サイレントメビウス』のオマージュにニヤリ。

  • 練習航海無しはだいぶ辛いよねぇ~
    死んだ経験が少なすぎる気もする
    しかしついに緑色見つけちゃったかあ
    あーいやだいやだ

  • 文句無く面白い。
    訓練のペースが早められた。その裏には粛清者が攻めてくる情報があった。そして発見される偵察機。宇宙戦争が始まる。
    どんどん引き込まれていくストーリー展開。今までがプロローグだとするとこの先はどうなっていくのか?サブタイトルが前哨である以上、もっと続きそうではあるが。

  • シリーズ4巻め。
    実戦が始まるような気配が語られる。
    そのためもあってか、今回の見習い士官たちの話は、繰り返し気味でやや冗長。
    無理に引き延ばさず実戦突入を書いて欲しかった。
    次巻に期待。

  • 15歳の少年少女たちを指導するケイイチ。
    失敗させて学ばせる手法で知識と経験を結びつける。

    で、アロイスから提示される新たな情報と
    急遽前倒しされる訓練。
    そしてついに見つかった敵の斥候。

    続きが気になるにゃー。

  • ついに来た

     主人公たちは教官として後進の育成中。そのな状況下でついに敵がやってきた。壮大なスペースオペラが、今まさにはじまろうとしている。

     長い長いプロローグだった。とうとう敵との遭遇。まだ、戦力になるかどうかもわからない中、戦いがはじまる。今回は、前哨編のラストだ。

     楽しみだ。文句なしに、続きが楽しみだ。新しいヒーロー、ヒロインも増えたし、昔の撃墜王も無事舞台に帰ってきた。早く続きを読みたい!

  • 士官学校の一期生たちの訓練がいよいよ本格化し
    ぼちぼち個性も出始めてきたところ
    粛清者の情報が公開されたことによって、地球でもぼんやりと
    来る日の戦いに向けて準備と、気運が高められていった



    恵一たちの訓練がなくなってしまってやはり微妙に寂しい…
    もっと、恵一の艦隊運用とか、ドタバタハプニング続きの実践訓練とか読んでいたかったなぁ


    15歳の子どもたちがいっぱしの軍隊口調でやりとりをしているのも
    ちょっと違和感だけど
    でも昔の子どもはこんな感じだったのかなぁ…とか

    いよいよ、地球全体が粛清者を想定に入れた戦闘準備へと移行していって
    いやぁ…そろそろなのかぁと思っていたら

    なんと!!!

    まさに!!!

    子どもたちの実戦訓練を見る限り、まだまだ不安…
    というか一期生しかいない状態だけど人員的にどうなんだろう
    足りるんだろうか
    ドローンで補うのかな…
    未熟な少年少女や大人を動員するよりは
    ドローンのがよほど役には立つだろうけど

    地球の防衛軍はほんとに役に立たないんだろうか
    色々心配

    感応端末使ってみたいなぁ

  • 訓練日程がどんどん繰り上げられていると思ったら、最後にタリホーですか。
    まだまだ十分といえない状態なんだけどね。
    リーが再登場。探査機のインターセプトは彼かな。恵一と再会はあるんだろうか。

  • 宇宙軍として訓練を受けて教官になって子どもたちがやってきて練習生として訓練して…そして敵がやってくる。
    すごく展開が早くて急ごしらえ感が強いけど、〈教導者〉による指導ってのはそもそもそういうものなのだろう。
    アリサカが「すごいやつ」タイプな主人公なだけに、ウィルの「普通の主人公」感がすごい。あ、いやもちろん秘めた才能は感じさせられますがその辺含めた上で。
    自分の中でリーの株が上がった気がする4巻でした。

  • もう少し、各エピソードを深堀りしてもいいんじゃない?とは思うが、話の展開が早く面白い。いろいろと話しを広げ始めてけど、それをどうやって収束させて行くのかも楽しみである。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

たかみ・かずゆき。1958年静岡県生まれ。元・埼玉県警勤務。00年電撃文庫から『時空のクロスロード~ピクニックは終末に』でデビュー。異世界ファンタジー、スペースオペラ、第2次大戦をベースとした架空戦記、学園コメディなど、幅広い作風で、既刊50冊以上を数える。

「2010年 『飛べ! ぼくらの海賊船 (2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷹見一幸の作品

ツイートする
×