天使は結果オーライ (ハヤカワ文庫 JA ノ 3-14)

著者 :
  • 早川書房
4.16
  • (9)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311476

作品紹介・あらすじ

森田ゆかりとマツリのオービターが日本に不時着。そこに現れたのは──新装復刊第2弾

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。
    冒頭のつかみはアニメチックで面白かった。
    まだ、スペースシャトルが飛んでいて、ニューホライズンズが冥王星に到達していなかった時代のお話。
    今回はマツリが薄かった。
    やたら元気よく、荒唐無稽なストーリーだが、きちんとSFしている。
    しかもラストのお約束も納得感があり、面白かった。

  • 普通に市街地落ちたらいかんやろ…!と思ったが結果オーライだった。しかし基本とんとん拍子で進んでいくのはやはり気持ち良い。しかしこれ富士見ファンタジア文庫で出てたんだなあ…。20年早く読みたかった。

  • 新メンバー1名が加入で、宇宙飛行士3人体制に。

    スペースシャトルとのカラミ、タマランですね。

  • 2時間で一気読み。面白かった。老科学者が出てくると、なんか泣いちゃうな。
    マツリの「ほい」が良い。

  • ロケットガール2作目。以前読んだときは途中でなぜか中断してそのままになっており、後半2/3以上は初読。
     三人目の宇宙飛行士登場編。3巻で本格的に登場する、フランス版ロケットガールもチラっと前振り。
     終盤の大気圏突入など、これは無理だろう・・・と思うシーンはいくつもあるが、まあシャーマンが活躍する作品世界の事だからキニシナイ。

  • ここまで感動できる物語に久しぶりで出会えた.この本が10年前以上にでていたなんて驚きである.今回もまた女子高生でないと解決できない問題をクリアする物語.管制室の描写などもでてくるので,かなりのめり込めました.

  • 2度目の新装版。何度読んでも何年経っても相変わらず極上です。
    ワクワク感がパないです。
    金魚の件とか胸が詰まります。
    このまま順当に4巻までリリースされたとして、新作出るといいなぁ。
    ついでにRPGも新装版で出せばいいと思うの。

全7件中 1 - 7件を表示

天使は結果オーライ (ハヤカワ文庫 JA ノ 3-14)のその他の作品

野尻抱介の作品

ツイートする