ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : redjuice 
  • 早川書房
4.14
  • (198)
  • (172)
  • (83)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 1840
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 状況描写が、主人公の内面描写がデータとして記述されている。客観的に捉えることができる反面、ヤッパ読みにくい。

  •  管理社会の中、人間の意志を尊重するかどうかといったような話。この作品では健康管理までしてくれたりする。
     アニメのサイコパスがとても好きで、SFにも手が出せると思っていたが、どうしてもこの手の話だと登場人物のどこまでが管理されていて、反乱分子となる者がその選択(意思決定)をする過程に矛盾や無理な設定はないのか考えてしまう。そこがすっきりできないと結局作者の作為的な展開じゃないかとも思ってしまう。
     大昔に小学校の授業で読んだ『素顔同盟』や、アニメの『エヴァンゲリオン』の人類補完計画や『サイコパス』のシュビラシステムもそうだけど、自分の意志まで管理されることがどちらかというと「悪」として描かれる作品が多いと思うが、私はむしろそんな世界が来たら最高なんじゃないかと思う。今度、『オートメーション・バカ』を読んでそこらへんは勉強したいと思う。

  • おもしろかった。最終的に到達した世界は涅槃ですね。科学の力で個人の意志とは関係なく涅槃に到達するということに怖さも感じました。やはり私は凡人として悩みながら人間らしく生きたいです。伊藤計劃さんの作品もう読めないのが残念でなりません。

  • ジョージ・オーウェルの「1984年」を思い出す。「1984年」は思想の管理、「ハーモニー」は身体の管理。
    近未来の世界を描いてあるが、身体管理の方法やその行き着くところが自分の想像以上ではなかったのと、言い回しが冗長なこともあり、この世界観にうまく浸れなくて残念。

  • 「虐殺器官」の続編 混沌と暴挙後の世界が舞台 そこは健康と思いやりが中心で人々は自分の体を自分で管理することを放棄している。そのほうが互いのためだから。どこか病院じみている。作者自身が入院中だからだろう。形式化した同情と健康=善に作者自身がうんざりしていたようなきがする。
    最後に行き着いた「意志」のない平和な世界 そこは悪が無い代わりに愛もない、からっぽの善意の世界
    作者の皮肉を感じた。
    わずかな救いは、そんな世界に背をむけていたひとたちがいたことだと思う。さらに次の展開が期待されるだけに、作者の夭折が残念

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

伊藤計劃の作品

ツイートする