〈骨牌使い(フォーチュン・テラー)〉の鏡 (上)(ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : 宮城 
  • 早川書房
3.71
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150311841

作品紹介・あらすじ

占い師の少女アトリが青年ロナーの未来に不吉な影を見た後、世界の均衡は崩れ始めた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『骨牌』ってカルタって読むんだね。知らなかった。物語の中で骨牌がもつ意味や重要性が今ひとつわからないまま読み進めていきましたが、それでも結構面白いです。主人公アトリより、幼い娼婦だけど貴婦人のような言葉遣いで、しかも実は100歳超?のモーウェンナのキャラが好きだなあ。

  • 本屋さんで見かけて気になった一冊。
    作者初期の作品ということで、多少の読みづらさはあるものの、展開は目まぐるしく、引き込まれます。
    詳しい感想は下巻で。

  • 詞の概念がうまくつかめず、少し世界に入って行きづらかった。
    風呂敷が大きく広げられているので、下巻でどう収斂するか楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

〈骨牌使い(フォーチュン・テラー)〉の鏡 (上)(ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

五代ゆうの作品

〈骨牌使い(フォーチュン・テラー)〉の鏡 (上)(ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする