七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

著者 : 田中芳樹
  • 早川書房 (2017年11月7日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150313029

作品紹介

人類滅亡後、月面の生存者たちは地球に七都市と飛行を抑止する撃墜システムを建設した。奇妙な世界で都市同士の熾烈な興亡が幕開く。

七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこまでいっても人は自分を認識するために外にアピールせざるを得ない.どのような方法論を選択するかは環境に依存する.本作は空が使えないという制約の下で7国家を弄ぶ.途中で話が終わっているが(描いていていたたまれなくなった?),結局“そして誰もいなくなった”状態まで争うのだろうか.

  • ある都市が他の都市に戦争を仕掛けた、という話ばかりで、退屈といえば退屈。しかし、毎回指揮官が違って戦力が変わるので、なんどかんだで退屈せずに読める。
    著者の想定する天才という存在が、ニヒルでドライなアウトロータイプの軍人ばかりなので、ワンパターンな感は否めない。善人の天才がいたっていいじゃないかと思う。まあ、そこは時代なのかなー。

  • 短い未読の作品に釣られて買ってしまいました。(;´・ω・)

全3件中 1 - 3件を表示

田中芳樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村 昌弘
有効な右矢印 無効な右矢印

七都市物語〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)はこんな本です

ツイートする