マルドゥック・アノニマス3 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
制作 : 寺田克也 
  • 早川書房
4.26
  • (8)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150313203

作品紹介・あらすじ

都市の新勢力〈クインテット〉に対抗するため、"善の勢力"を集め始めたウフコック。両者が全面対決する日が刻一刻と迫っていた

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここまで来るのが本当に長かった。
    2011年に三冊構成で刊行されると思われていた『マルドゥック・アノニマス』は形を変えてやってきた。

    ようやく、ガス室で再会した二人。
    このシチュエーションは、『Preface of マルドゥック・アノニマス』として2011年に開示されていた。

    そして今は2018年春。
    『マルドゥック・アノニマス3』である。

    この物語は長い。
    そのひとつの要因は、登場人物の多さ。覚えられない。だけど、読み進める。そこにバロットがいるから。
    そしてたどり着いたのが、前出のガス室での再会だ。

    バロットとウフコックは再びパートナーとなるのだろうと思っていた。なぜならバロットはウフコックにとって残された最後の希望だからだ。

    プロローグは終わった。
    ここから再び二人の闘いがはじまる!

  • 2018/8 6冊目(2018年通算119冊目)。前々作のボイルドをも上回る悪役のハンターに読んでいて絶望感を感じる。最後に成長したバロットが登場し、「新たに戦いが始まる!」という所で話は終わる。「この続きは!。すごく気になるんですけれど」というのが正直な感想。登場人物が多く、どの人物がどこへ所属するかすごく分かりづらいのだけど、これで完結だったらとても悲しい。ハンターたちとの決着まで書き続けてほしい。続きが出たら確実に読んでいきたいと思う。それまでは新装版などを手に入れて復習しておきたい。

  • マルドゥック・スクランブルのカジノシーンを読んだときに体験したような、緊張感とはまた違った疾駆感・没入感を感じた。映像では表現しきれないだろう。ところでこの後ってどうなるの?

  • ☆☆☆☆

  • シリーズの他のものと同じように3巻で完結かと思ったらまだ続くようです。
    続きが早く読みたい。

  • 傑作。ヴェロシティくらい良かった。続きが早く読みたい!

  • ば、ば、バロットーーーーー、ーーーー!!!!

  • ここまでの絶望感ただよう空気が、嘘のよう!!あー、次巻早くでてほしい。

  • 登場人物が増殖して読むにくたびれた。。。

  • やっぱりそうこなくっちゃな、という終わり方でした。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

冲方丁(うぶかたとう)。1977年、岐阜県生まれ。4歳から9歳までシンガポール、10歳から14歳までネパールで過ごす。早稲田大学第一文学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞、『天地明察』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞、北東文芸賞を受賞し、第143回直木賞にノミネートされた。『光圀伝』で第3回山田風太郎賞受賞。

マルドゥック・アノニマス3 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

冲方丁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

マルドゥック・アノニマス3 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする