ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)

著者 :
  • 早川書房
3.93
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150313364

作品紹介・あらすじ

25世紀、ミドリムシの変異体に覆われる地球の調査に訪れたケンガセンは、地球人の巫女ヨルと出逢う。胸を打つ壮大な環境海洋SF

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • SF。連作中編。
    可愛らしい表紙、可愛いキャラクター、軽めの文章に、イラストだけのページもあり、ライトノベルと言えそう。
    ただ、作品自体はしっかりとしたSF。
    個人的に連想したのは、レム『ソラリス』、オールディス『地球の長い午後』、ベア『ブラッド・ミュージック』。
    マイルドな『ソラリス』という印象が強いかな。
    期待以上に楽しめた一冊。良作だと思います。

  • はるか未来の地球を舞台にした、オヤジミーツガールセカイ系海洋ロマンっていうお話。
    主人公ケンガセンの脂ぎってないオヤジ振りに好感(^○^)

  • 多少ラノベっぽいところがあるのは、もう昨今は普通のことと思う。タイトルや表紙のイメージよりはSFらしいので書店で表紙に臆せず買ってもいい。
    内容は、近未来の環境が変わった地球が舞台。そこで発達した未知の知性体との物語。ハードSFではなくスルッと読んで楽しむタイプのSF。

  • 海面上昇により地表の大半が水に覆われた25世紀の地球。ミドリムシの変異体であるエルグレアが支配する環境。その地球を調査するために宇宙コロニーからやってきたケンガセンが、島嶼部に住む巫女ヨルと出会ったことから物語は始まります。

    宇宙コロニーと地球の異文化交流。ヒトとエルグレナの未知との遭遇。
    ケンガセンとヨルを巡って、二つの物語を紡がれていきます。その裏で雌伏し続けていた電脳体の執念。
    新たな時代への導き手となってしまったヨル。神話・宗教を否定してきた彼女が、そう奉られる存在になっていくのはシニカル。

    ヨルが成長していく物語でもあるか。
    少女から大人へ、という道程ではないけれど。結果を見ると。
    彼女から時折感じられる初恋のような感情とその喪失。

    そうか、やっぱり少女から大人への成長を描いた物語だったのか。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

第十七回富士見ファンタジア長編小説大賞審査員賞受賞。『琥珀の心臓』でデビュー

「2020年 『監獄勇者のやり直し2 貶められた最強の英雄は500年後の世界を自由に生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬尾つかさの作品

ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×