スペイン要塞を撃滅せよ (ハヤカワ文庫 NV 58 海の男ホーンブロワーシリーズ 2)

  • 74人登録
  • 3.94評価
    • (12)
    • (7)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 高橋 泰邦 
  • 早川書房 (1973年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150400583

スペイン要塞を撃滅せよ (ハヤカワ文庫 NV 58 海の男ホーンブロワーシリーズ 2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後のホーンブロワー一家の大番頭というべきブッシュが登場。しっかり忘れていたのですが、最初はブッシュの方が上官だったのですね。しかし、この巻の終わりの方で、既に立場が逆転していきます。
    ところでこのシリーズは士官候補生としての任官の1794年から1821年の退官までをずっと追っていきます。その頃の歴史背景を簡単に言うと、
    イギリスでは産業革命が始まっています。ワットの蒸気機関は1765年です。蒸気船はシリーズの後半で出てきます。フランス革命は1789年に起こり、1803年からはナポレオン戦争といわれる15年にわたる戦争が開始されます。その前から英・仏は戦争状態にあり、1798年には有名なネルソン提督(英)によるナイルの戦いなどが行われています。
    一方アメリカは物語りに先立つこと約20年前に独立宣言を行い、1783年には独立戦争も終わっています。そういった歴史背景を元にかかれた作品です。
    そのうち年表でも作ってみましょう。

  • ブッシュ登場。最初は先任だったのにね。でもそれより大変なことが…。たしかに外洋に出ている船はいわば密室。まかり間違うと敵に遭う前に自滅しかねないんだなあ。

  • 第二段。

    帆船対帆船の砲撃シーンの迫力ったらもう‥!!
    興奮。アドレナリンがわくわくして読んでました。

    博士の異常な愛情じゃないけど、戦いってやっぱり血肉を感じてこそだよね。戦争はしないほうがいいのだけど、争う本能を人間が持っているのは事実なんだし。そこをいかに成仏っせるかが現代人であって。
    平和な国に生まれて、人間の本能である戦う感情を本で感じられるのはお幸せなことです。平和ゆえのことですわ。ありがたい。

    個人的に海軍軍人として働き場のない鬱屈した生活の描写の惨めさと平和だと生きていけない職業軍人のアンビバレンスがやるせない。

    2010-2-15-17読了

  • 削除

  • Lieutenant Hornblower
    海の男ホーンブロワーシリーズ第2巻。原作第7巻。

全5件中 1 - 5件を表示

セシル・スコット・フォレスターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

スペイン要塞を撃滅せよ (ハヤカワ文庫 NV 58 海の男ホーンブロワーシリーズ 2)に関連する談話室の質問

スペイン要塞を撃滅せよ (ハヤカワ文庫 NV 58 海の男ホーンブロワーシリーズ 2)はこんな本です

ツイートする