火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)

制作 : 小笠原 豊樹 
  • 早川書房
3.86
  • (135)
  • (110)
  • (160)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 914
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (395ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150401146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • The Martian Chronicles(1950年、米)。
    もはや古典だが、いま読んでも十分に面白い。火星の古代文明に魅せられた考古学者の話(月は今でも明るいが)、たった一人で荒野に木を植える男の話(緑の朝)、最終戦争で生き残った家族が「火星人」と出会う話(百万年ピクニック)が好き。

  • 情緒的であり、ユーモアがあり、幻想的であり、文明批判や差別問題を提唱し、皮肉があり、優しさがあり、なんとも贅沢な読書時間でした。

  • 静かでしみじみとし寂寥感が溢れ出す物語。
    視角的よりすっと五感に沁み入る1冊。
    この季節ではなく秋に読みたかった。
    ブラッドベリの本はどれをとっても春、夏、冬というよりは深まった秋に読むのが適している印象。
    とても落ち着いた大人なSF。

  • 地球から火星に移住した人々が、結局、自分たちの暮らしよくするために、地球の文化を持ち込んで、火星を破壊し、作り替えていかなければならない。火星の文化をないがしろにする……という文明批判が各所に見られて、つらい。自分だって、離れた地に行くなら、なつかしいものを携え、あるいは似せて作らなければ、耐えられないだろうに、地球人が憎くなる。

    それを端的に表すのが、ロケットで旅立つ人々の半数が、出発時点で気持ち悪くなって、やめてしまうという話。
    それは、「さみしさ」という病。

    「百万年ピクニック」だけ、エンディングを知っていた模様。
    これは、救いがある。
    いずれ世代を追って、ダメになるかも知れないけれど、その地を愛するように、さちあれかしと願う。

  • 詩情豊かな連作集。絵になる詩編です。地球と火星のそれぞれが人間のつくりあげた科学(機械)の所為で巨大化した戦争で滅んでいく。僅かな人間がのこり、新しく火星の歴史を創っていく。なんて、愚かな人間たち。二グロ(今は禁止用語?)の火星移住のところが印象に残ってる。新天地はたまたま火星だったけど、地球の危機のとき、ロケットは回収され地球に戻される。残るのは変人の様な人々だけど、彼らがいなければ歴史は続かない。面白かったです。でも少し物足りない・・・ 雰囲気で読む作品ではあります。自分は華氏451度の方が好きです。

  • 高校時代に通学の電車内で読んでいた。その詩的な表現、儚さに感動した。自分に最も影響を与えた本の中の一冊。

  • ワタシが最初に読んだ作品が、この『火星年代記』でした。
    ロケットが火星まで届くようになったアメリカ。
    新たな開拓地を求めて、人々は火星へと旅立ちます。

    火星探検隊、移住した人々、火星人、そしてなぜか無人になってしまった火星の街。

    彼らのエピソードがオムニバスストーリーで綴られる中で、なぜなのか、繰り返し訪れるもの哀しさ。
    前進あるのみ、と邁進する火星探検隊や市民のフロンティアスピリッツ。アメリカをアメリカたらしめたそれは、希望にあふれているにも関わらず、何かを置き去りにしており・・・・・・やがて火星に降り立った人々は過去を振り返り、決してあけるつもりのなかった箱をあけてしまうのです。

    文明の進歩(と思われるもの)は、科学の発達は、何のためなのか。
    進歩すれば、発達すれば私たちも幸せになれるのではないかという幻想は、思ったよりも強い誘惑だったりする。
    だけどわたしたちは、それらが決して私たちの幸せとイコールだとは単純に思えないのだと気づき始めている。

    そんなことを、つい考えてしまう話なのです。

    中学当時、リリカルな言葉の連続に、うっとりしながら読んでいたけれど、何度も読むうちにSFという架空の、しかし現代の延長線上にある世界を舞台にした作品の持つ「文明を、人間を考える」パワーに、改めて気づかされたのでし。
    SFはただロケットが出てきてどきどきする空想の世界じゃない、それはほんのとっかかりなんだと。

    ぜひ、社会にも疑問を持ち始める思春期に、こういう話を読んでもらえたらと。
    14でこの作品に出会えた自分は、幸運だったと自信をもっていえますもん。
    授業では3年生に紹介しています。

    ★ブラッドベリの作品は、幸いにも学生時代に大学の英語の時間に原文で読む機会を得ました。英語でもきれいなんだよねえ、文が・・・・・。
    高校程度の英語力で読めますので、チャレンジしてもいいかも。

    でもこの文庫の翻訳も、素敵。他の翻訳が物足りなくなるくらいです。ワタシにとって、初めての大人向け翻訳作品『火星年代記』は、翻訳文学の文章の基準になりました。きっと、これもラッキー。

  • ずいぶん前から読もう、読もうと思っていて。もう20年以上経ってしまったかな。やっと読めました。火星人と地球人の出会い、地球人の火星への入植、地球の最後、その後の火星…。ドラマチックに熱く語るんではなく、あくまでも静かに、穏やかに、淡々と綴る。その文章のなんとまあ美しいことでしょう。

  • 古典?名作?ということで読んでみた。ジュブナイルって感じ。若い頃に読む本かな。

  • (01)
    わたしたちは火星に住んでいないが,火星的に住んでいるのかもしれない.本書はジャンルとしてはSFであるが,ほぼすべてのSFがそうであるように,その現在を批評している.批評されたのは著者が生きた現在であると同時に,その現在を引き続き生きるわたしたちの現在でもあるが,そのためか,火星に住んでいないわたしたちも,本書を通じることで火星に住むように現在を生きているというようにも感じる.
    年代記,クロニクルというからには,そこには編年(*02)があり,約25年間の火星と地球の関係が本書には綴りこまれ,編みこまれている.そのなかで壊滅的な事故や事件は何度か発生しているが,なぜか淡々としており,物静かに壊滅している.本書の中でその静けさの理由は直接的に言及されている.火星と地球には距離がある.火星からみた地球(実時間でいえば本書は人類が宇宙に飛び出す前に書かれており,地球は緑の星である)は小さな視覚を占めるにすぎず,電波がわずかにラジオで聴取されるにすぎない.だから,地球は遠い出来事であり,昔の出来事である.その距離感は作者と登場人物の間にも介入されており,火星や地球に生きる人たち(火星人たち?)は,どこか模型のなかの点景のようでもある.
    この遠さと冷たさが,本書にテンションを与えている.

    (02)
    編年に必要なのは,タイムラインだけではなく,固有の名である.歴史は固有名詞によって編まれなければならない.人の名や土地の名が現れ,挿入される詩や曲名は,情況(*03)を隠喩している.本書では,命名の問題についても皮肉を交えて直接に触れられている.またその際,個やアイデンティティの問題にもコピーロボットなどの登場により踏み込まれている.
    音や色や味の扱いも名とともに興味深い.普通の音や色や味に彩られる場面も美しいが,それらがノイズや無となって,茫漠も現れている.沈黙,砂,ホットドックや有り余る食糧などの要素がそれである.

    (03)
    パニックな情況もやや現われるものの(「空のあなたの道へ」),スラップスティックやコミカルな様相がふんだんに現れており(「地球の人々」「夜の邂逅」「第二のアッシャー家」「オフ・シーズン」「沈黙の町」など),興をそそる.

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1920年、アメリカ、イリノイ州生まれ。少年時代から魔術や芝居、コミックの世界に夢中になる。のちに、SFや幻想的手法をつかった短篇を次々に発表し、世界中の読者を魅了する。米国ナショナルブックアウォード(2000年)ほか多くの栄誉ある文芸賞を受賞。2012年他界。主な作品に『火星年代記』『華氏451度』『たんぽぽのお酒』『何かが道をやってくる』など。

「2015年 『たんぽぽのお酒 戯曲版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レイ・ブラッドベリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
遠藤 周作
安部 公房
グレッグ イーガ...
レイ・ブラッドベ...
有効な右矢印 無効な右矢印

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)に関連するまとめ

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)を本棚に登録しているひと

ツイートする