シンガポール脱出 (ハヤカワ文庫 NV 157)

  • 早川書房
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150401573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 濃い真っ黒な煙が、死にかけた街をすっぽりつつんでいた。で始まる物語は、その行く末を表すように陰鬱なシンガポ-ルから始まる。幼い戦争孤児となったポ-ル、その子を保護するマレ-人でも中国人でもない20代半ばのほっそりと背の高い驚くほど青い目の看護婦。ファ-ンホルム准将。彼らをのせてシンガポ-ルを脱出する「ケリ-・ダンサ-号」ファン・エッフェン。そして、出港した船は敵機(日本軍)に攻撃され、沈みつつある。ここまで誰が主人公なのか全くわからない。ブリテイッシュ・アラビア・タンカ-社の首席船長、1万2千トンのモータ-船「ヴィロ-マ号」の船長フランシス・フィンドホ-ンを説得して「ケリ-・ダンサ-号」救出に向かう一等航海士のニコルソン(彼がヒ-ロ-である。)そして、その船も撃沈されてしまう。それから、悪夢のような、救命ボ-トによる逃避が始まる。何か、最初から物語が混乱し、沢山の登場人物があって、読者の私の頭は混乱しっぱなし。最後に謎解きがあって、その時はお話しはおしまい。全く、船酔いになったように読後、フラフラになってしまいました。最後まで付き合った自分に拍手。1958年発表、私が小学一年生ごろの作品。

全1件中 1 - 1件を表示

アリステア・マクリーンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×