ルチアノの幸運 (ハヤカワ文庫NV)

  • 早川書房
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150404666

作品紹介・あらすじ

連合軍のシチリア島上陸が迫る1943年7月、アイゼンハウアー将軍は、ある秘密作戦を打ち立てた。シチリア島で強大な力を持つマフィア-彼らを味方に引き入れて、同島のドイツ、イタリア軍を骨抜きにしようというのだ。任務を受けたのは、英国特殊作戦執行部のカーター大佐ら5人の男女。その中には、刑務所で服役中のニューヨーク・マフィアの首領ラッキイ・ルチアノがいた。彼らは偽装したユンカース機に乗り、遂にシチリア島への潜入を果たすが…!伝説的なギャング、ルチアノの秘話をもとに、巧みなプロットで描く戦争冒険アクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生時代に好きだったなと、ふと思い出して読んでみた。少なくとも、この時期のヒギンズ氏は面白い。歴史上の秘話をもとに虚実を要り混ぜた、ケレンたっぷりの冒険物語というのは、かの「鷲は舞い降りた」と同じで、作者の十八番だろう。善玉と悪玉、気高い勇士とゲス野郎がきっぱりと別れる人物描写は、さすがに陰影に富むとは言えないないが、それらを敵味方にバランス良く配置することで、それなりの奥行きは感じさせる。その上で、善玉には見せ場が、悪玉には制裁が用意されてるから、カタルシスは大きい。ただ、この感じ、一歩間違うと、ひどく安手のアクションものに堕してしまいがちで、実際、後期の作はそっちに堕ちてしまったと個人的には思ってるけど、ここではまだ踏みとどまっている。突っ込みどころは多々あるし、史実を無視した、ロマンティックすぎるマフィアの描き方は、絵空事に徹してない分、釘を刺したくはなる。それでもやっぱり面白いのは確か。

  • 伝説のギャング、チャールズ・ルチアノに焦点を当てた一作。連合軍のシチリア上陸作戦に、当時アメリカで臭い飯を食っていたはずのルチアノが極秘参加し、現地のマフィアを連合国陣営に引き入れるための説得工作をしていたというストーリー。ルチアノのキャラ造詣はあのリーアム・デヴリンに似ていますし、プロットそのものは「鷲は舞い降りた」を換骨奪胎したものですが、ヒギンズマニアなら十二分に楽しめます。

  • ベストセラー作家「ジャックヒギンズ」が第二次世界大戦中のイタリア上陸作戦を目の前に、作戦を成功させるために連合軍がとった奇想天外な作戦とは!

    アメリカマフィアの伝説的なドン「ラッキー・ルチアノ」にまつわる伝説を下敷きに、手に汗握るストーリが展開していきます。

    しかし、この作者の描く登場人物はシュタイナ中佐といいショーン・ディロンといい、みんな魅力的ですね。
    でも私が一番好きな登場人物はリーアム・デブリンなんですがね。

    最近はショーン・ディロンが主人公のシリーズの出版が続いています。

全3件中 1 - 3件を表示

ジャック・ヒギンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャック・ヒギン...
ジャック ヒギン...
フレデリック・フ...
ジャック ヒギン...
スティーヴン ハ...
ジャック・ヒギン...
ジャック・ヒギン...
ジャック ヒギン...
ジャック・ヒギン...
フレデリック・フ...
ジャック・ヒギン...
ジャック ヒギン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×