フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)

制作 : 池田 真紀子 
  • 早川書房 (2015年6月24日発売)
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150413491

作品紹介

グレイを愛するアナは復縁を決めるが、そのふたりに危険が迫ることに! 待望の文庫化

フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスチャンがサブミッシブの様になってしまうとは。

  • 2015/7/25

  • 米国版少女漫画を韓流ドラマチックに読んでる感じ。ははっ…自分でも何言ってるか分からないや。グレイの殺し文句は素敵な台詞がけっこう多くてキャってなる。主人公がよく表現につかう「内なる女神」がイマイチよくわからない…。よし!ようやくラスト1冊!★★☆☆☆☆

  • 15.dec.18

  •  「これから仕事を頑張りたい!」というヒロインが、ほとんど午前中はメールでの痴話げんかを職場のメールでやっている件について。
     グレイもほんとにできるCEOなのか謎だけど、ヒロインがなんで働きたいというのかさっぱりわからないよね。いや、ポルノ小説のヒロインに働き甲斐を求める方が間違ってる。あくまでもこの本のヒロインの「働きたい」は一緒に居たい二人を分かつためのイベントのひとつ。

     愛情ってなんだろうなぁって、中巻を読みつつ考えた。
     トラウマを抱え「愛がなんだかわからない」という男性に「私のこと愛してる?」と尋ねる女性も女性だが、「愛している」と答えて喜べるのって不思議だ。言わせてないかそれ。しかも愛がわからない男性に言われて、それが自分の思う愛と同じだと何を持って信じ、喜べるんだろう。とても不思議。
     愛ですべてが解決する展開って、ある意味暴力的だよね。

     あと、自分の会社を買収するCEOと付き合ってるんですよって公表しちゃうヒロインって脳みそ大丈夫なのか心配。仕事中の私用メールの件もあり、この子とは同僚になりたくない。

  • 面白い!
    1部ほどインパクトがないってレビューされてる方も居ましたけど、私はむしろ2部の方が好きです。
    そんな私はやはりSっ気があるのかしら。

    ていうかクリスチャンが可愛すぎる。
    1部の時とは比較にならないほどの可愛げが堪らないです。アナに新しい車として、アウディでははくサーブを買いに行ったときのクリスチャンのモジモジにはやられました。

    そしてクリスチャンが完全にアナに服従してしまった時は本当に衝撃でした。同時にぞくっとしてしまった。
    フィフティシェイズと言うだけあって色々な一面を持っているクリスチャン。
    魅力的。

    そこがアナには不安な部分もあるかもしれないけど。
    ちょっと今回はアナの嫌な部分が目に付いたかな。

    過去の女気にしすぎ。器が小さい。
    今はアナだけのものって言ってるんだから信じてあげればいいのに。
    ていうか主従関係ではなく、恋人になった時点で勝者でしょ。
    アナこそクリスチャンに負けない自己卑下精神を持ってる。

    そういう意味でやはり2人は似てるところもあるのかもしれないな。

    あー面白い。
    いつかセクハラ部長がやらかしてくれるのかと思うと、その展開が待ち遠しいです。

全6件中 1 - 6件を表示

フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)のその他の作品

ELジェイムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
又吉 直樹
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)はこんな本です

ツイートする