ココ・アヴァン・シャネル 上―愛とファッションの革命児 (ハヤカワ文庫 NF 350) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

制作 : 加藤 かおり  山田 美明 
  • 早川書房
3.03
  • (1)
  • (8)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 102
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150503505

作品紹介・あらすじ

フランスの田舎町の孤児院で育ったココは、ナイトクラブの歌手として、酔った兵士を相手に歌いながら、つつましいお針子として田舎の仕立屋の奥でスカートの裾を縫う日々。だが、一人の将校との運命的な出会いをきっかけに、彼女は世界的なファッション・デザイナーへの階段を駆け上がっていく…コネクションも財産も教育もない少女ココが世界の"シャネル"になるまでの感動の伝記。オドレイ・トトゥ主演の映画化原作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シャネルは本当に魅力的!

  • 読了

  • ココシャネルの生涯、全編。映画の原作、続編も続く。

  • とにかく恋多き女性 シャネル。
    映画化の原作だったみたいですね、知りませんでした。
    上巻はシャネルの生い立ちから
    恋愛、仕事(お針子)など
    幼いころから大人になって波乱万丈な人生を
    読みやすい感じで書いてます。
    この人やっぱすごいなぁーって思いました。
    当時の時代が時代なだけに
    今では当たり前な服装も
    こうやっていったのか。と。
    とても感慨深いです。

  • ファッションの女王・シャネルの人生を描いた小説。苦労の中からプライドと意欲でのし上がってきた彼女の力強い生き方は憧れる。

  • 「仕事と女性」をテーマに読んでみました。
    世界大戦直前から最中のフランスの状況などが、シャネルの周りの出来事からも読み取れるような気がします。
    シャネルについては余り知らない状態で読んだのがちょっともったいなかったかな。さまざまなエピソードが紹介されていたので、知っていればもっと面白く読めたのかも・・・

  • 映画のほうがよかった。シャネル好きです。

  • 映画がおもしろそう。

  • 「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演映画の原作。まだ映画は観ていませんが読みたいリストに入れておきます。

  • 映画見に行きたいなー。

全11件中 1 - 10件を表示

エドモンド・シャルル・ルーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
レイチェル カー...
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ココ・アヴァン・シャネル 上―愛とファッションの革命児 (ハヤカワ文庫 NF 350) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする