ずる――噓とごまかしの行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 早川書房
3.85
  • (20)
  • (56)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 780
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504151

作品紹介・あらすじ

行動経済学の第一人者が、誰しも抱く「少し得したい」という「ずる」の心理を徹底解明

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「要約」
     人間の不正行為に焦点を当てた行動経済学。
     人間は合理的な生き物ではなく、費用と便益を考えて不正行為を働くわけではない。人間が真に不正を働く原因と、その具体的対策をユニークな実験から明らかにしていく。

    「感想」
     内容が濃密で読み込むのに時間がかかったが、自己と他人の行動を捉える上で学ぶことが多かった。不合理な行動を取ることへの対策を明示してくれているので、知識だけで終わらず実践に活かしやすい。

  • アリエリー氏のユーモラスな語り口でずるをする人間の心理を様々な実験で解明した内容で面白く読めた。自分の仕事や家庭でも実践できることがあると良いが、この本はあくまで研究結果で実践的に活かせることは少なそうだ。しかし興味深い内容であった

  • 私たちが持つ認知的柔軟性のおかげで、私たちはほんのちょっとだけごまかしをする分にはごまかしから利益を得ながら、自分も素晴らしい人物だと思い続けることができるのだ。この両者のバランスを取ろうとする行為こそが自分を正当化するプロセスであり、私たちが辻褄合わせ仮説と名付けたものの根幹なのである。

    合理的な人間は誘惑にさらされたらたまには食するべきだと考えることもできる。何故か?そうすれば消耗しすぎずに、次にやってくる誘惑を迎え撃つ力を温存できるからだ。

    どうにでもなれ効果と言う観点から見ると、人はごまかしにかけてはダイエットととても似た方法で行動することがわかった。一旦自分のルールを破ると、自分の行動を抑えようと言う努力をずっと放棄しやすくなる。そしてそれ以降さらに不品行なことをする誘惑にとてもくしやすくなる。

  • 「予想通りに不合理」に引き続いて非常に興味深い内容だった。「地獄への道は善意で舗装されている」という言葉を思い出したりもしたが、改めて人間の脳は不思議なものだと思った。

  • 人は合理的に見えてそうでもない。
    辻褄を合わせて不正を働いてしまうかも。
    これはだれしもに起こりうることなのかもしれない。

    私にもあなたにも

  • 人間の不合理さについて研究と執筆されてるダンアリエリーさんの3作目。本作は人間の不合理さの中でも特に「不正」に焦点を置いて書かれたものだった。仮説と研究結果が面白いのはもちろんなのだが、研究過程や実験内容といったところがストーリーとして描かれていて終始楽しむことができた。最後の妻へのメッセージのところでも本作内容に絡んだユーモアで笑わせてもらった。

  • 面白い。人は物語を作るんだね〜。倫理要綱に署名させるとずるをしなくなるのは面白い研究結果。

  • 著者ダン・アリエリーはイスラエル系の米国人で、デューク大で教鞭をとっている。イグ・ノーベル賞も受賞。人間の行動、心理、倫理規範などの連関についてこれまでのコンベンショナルな考え方を覆し新たな定式を提示する点が斬新であると感じました。

    本書では人間が行う「ずる」に焦点が当てられています。
    これまで一般的に考えられてきた「ずる」の定式は「合理的な犯罪モデル」SMORC(Simple Model Of Rational Crime)に従うとされてきました。これは、犯罪を犯す人が費用(罰や関連するデメリット)と便益(不正により得られたお金や快楽)を合理的に判断して犯罪(この場合は「ずる」)を犯すというもの。

    もちろん筆者は、人間はそんなSMORCに基づいていないと主張します。じゃあ人はどうやって「ずる」をするのかということをあの手この手の実験を駆使して明らかにしつつ、その背景を類推しています。その結果出てきたテーゼを幾つか紹介しますと以下のようなものがありました。

    ・現金から離れると不正を誘引する
    (他人の財布の現金は盗まないが、会社の備品は平気で盗む。電子マネーでの不正の方が不正を誘引する。-第二章)
    ・自分の行動が不正行為から離れると不正をしやすくなる
    (ゴルフでの実験。手でボールを動かすよりも、クラブでうっかり当たってしまう不正の方が多い。-第二章)
    ・医薬界や金融業界は顧客との利益相反が多く、意識的・無意識的にバイアスのかかる発言をする
    (多額の補助金を製薬会社から受け取る医師・医学部教授、高額なボーナスをぶら下げられる金融業界人 -第三章)
    ・消耗すると、欲求を抑える力・合理的な判断力が減退する
    (浮気癖のある人が、その気持ちを抑えることで疲弊し、合理的にはやるべきではない暴飲暴食に走る -第四章)

    こんな感じです。これ以外にも多種のケースで人が「ずる」をするパターンを調べています。「ずる」における人の心理や行動のバラエティの豊かさにちょっと感動しました。

    ・・・
    こうした人の癖は、単に読み物として面白いだけではなく、自分が意思決定をするときにもやはり役に立つと思いました。
    本稿の内容が真実だとすると、現金から遠ざかったり、不正の現場から遠ざかると、不正をしがちということです。ネット決済がますます広がったり(現金から遠ざかる)、ネットでの申請・処理(現場から遠ざかる)とうっかりずるしたくなるのかもしれないと思いました。本作はそうした倫理の緩みに対する警句としても読めるのかもしれません。
    とはいえ、そんなに人間が合理的ではないよっていうのがこの手の学問に通底する考えだと思いますので、私が合理的に倫理的でいられるかは定かではありませんが笑
    人の行動、倫理等に興味の有るかたにはおすすめできる一作です。

  • Yentaというアプリで性格診断をしたらオススメの本に出てきて早速図書館でレンタル。
    なぜ人はずるをするのか、ということをいろんな実証実験で検証している。
    自分にストイックに、もったいない精神からくる利益相反も面白かったが、自分にとってなるほど、と思ったのはチームワークはお互いを高めることが目的、という逆説的気づきです。チームで作業するだけでは特に個人の成果と変わらないことから、依存的チームワークだと他人のための貢献という言い訳をしてしまう、というところが妙に腹に落ちた.仲間同士を庇い合い、チーム外の人間を蹴落とすのをよく見てきたのはそういうことか、と。

全36件中 1 - 10件を表示

ダン・アリエリーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×