小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

制作 : 黒沢 健二  松永 肇一  美谷 広海  祐佳 ヤング 
  • 早川書房 (2016年12月8日発売)
3.76
  • (9)
  • (11)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :89
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150504816

作品紹介

IT界のカリスマ創業者が教えるシンプルかつ常識破りな成功の法則。イラスト収録完全版

小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何でも詰め込もうとするといい結果にならないということを改めて認識した。

  • あまり新しい事を書いているという訳ではないが、大切な事をうまくコンパクトにまとめている点で良書である。

  • 働き方について考えるきっかけになる本でした。つい一気に読んでしまいました。おすすめの本です。

  • ビジネス書ではありますが、ショートな文章で構成されている。流行りの言い方だと、まとめ記事(笑)

    経験者の話であり、中身は充実していて、自らの事に振り返ってみると、いろいろと気付かされます。

  • いわゆる起業本ではあるものの、
    スタートアップを否定し、出口戦略を不要と切り捨てるところがステキ。

    働き方を変えるというよりも行動を変えることで考え方を変えて働きかを変えていくという順序。

    現実を無視しよう、という段にある、
    「そんなこと現実にはうまくいくわけないよ」というよく聞く言葉に対して、
    『「現実」の世界とは場所ではなく、言い訳だ。何も試さないことを正当化しようとするものだ。あなたには関係がない』
    という考えに共感

  • DHHの実体験に基づくtips集。
    明日からでも意識が変わる、そんな本。

  • 早く帰ろう

  • なかなか自分に自信が持てずに優柔不断になってしまいがちなところがあるが、「決断することで前に進む」「決定は一時的なもの」「文句は放っておく」など、今の決断に頭を悩ませすぎたり、周りの意見を気にしすぎたりする必要は無い、と思わせてもらえた。慎重に、保守的になりがちな自分の殻をもう少し破って良いんだな、と思えた本だった。

  • 無駄を削ぎ落としたソリッドでコンパクトで的確なビジネス書。さらっと読めつつ内容も良い。

  • 「なるたけ早く」は毒。インフレを起こす。

全11件中 1 - 10件を表示

小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)のその他の作品

ジェイソン・フリードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
リンダ グラット...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)はこんな本です

小さなチーム、大きな仕事――働き方の新スタンダード (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする