死が最後にやってくる (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-34)

制作 : 加島 祥造 
  • 早川書房
3.44
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150700348

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古代エジプトを舞台にしたアガサ・クリスティーの異色ミステリー。
    夫が考古学者であったこともあり、クリスティーには中近東やエジプトなどの発掘ネタのストーリーが少なからずありますが、舞台そのものを古代エジプトに設定する作品は珍しい。
    本作ではその古代エジプトの情景や生活ぶりを、メインのミステリーに彩りを添えるべく抒情たっぷりに描き出していてとても面白かった!
    また、クリスティーが得意とする登場人物の性格の際立たせ方や心理状態の掘り下げ方も、この抒情たっぷりの古代エジプトという舞台に大変に上手くマッチしており、仮に殺人事件と謎解きをメインとしない普通の小説であったとしてもなかなかの出来栄えだったと言えるでしょう。

    夫と死に別れたレニセンブは娘を連れて実家である墓守僧兼大地主の父インホテプのもとに帰ってきた。昔なつかしい家族や光景に浸る彼女。しかし、書記であるホリは、外見上はともかく内側から朽ち果てるものもあると彼女に指摘する。
    そんなある日、北の領地から父・インホテプがナイルを下って帰ってきた。若く美しい妾のノフレトを連れて・・・。
    これまで、長男ヤーモスと次男ソベク、そしてその家族たちは、父インホテプの専制的態度に抑圧されていて、みんな不満を溜め込んで生活していたのだったが、ここに新たな火種が投下された・・・。

    クリスティーは本当に家族内のどろどろした状況と心理状態を描くのが上手いと思う。
    特に、専制的な一家の大黒柱とそれに虐げる家族という構成を描かせると一品ですね。
    何といっても身近に居そうで、あの人に似ているかも!と思わせるような人物設計と、とことん読者に共感を呼ぶような心理描写がたまらないです。(笑)
    本作では特に登場人物の人となりが多彩に描かれていて、夫や弟嫁をいたぶることに喜びを見出す長男ヤーモスの妻サティピィとか、わが子愛でわが道をゆく次男ソベクの妻カイトとか、老齢に至りあらゆることやものに達観しているインホテプの母エサとか、おべっか使いでチクリ屋の召使ヘネットなど、何か現実感があり周りに居そうな人間たちに大いに魅せられました。

    物語は半主役であり読者の視線であるレニセンブの都度の考えや感情が紡がれるとともに、一方で連続殺人事件が発生し家族内の異様な雰囲気の中で進行していきます。
    ここで自分はというと、連続殺人であることが明白になった中ほどの事件で、ある程度犯人の目星はついたと思っていて、レニセンブと祖母エサ、書記ホリの三者がいちじくの木の下で会談した後では、その後の物語の推移まで予測がついたと思ったのですが、次と次の次の被害者は当たったものの、物語の推移はかなり外してしまいました。(笑)
    しかし、犯人はやはり自分の思った通りだったので、推移の予想は外れはしたものの、まあ満足の得られる読後感でした。(笑)

    ロマンと愛憎とミステリーを見事に融和させたクリスティーの意欲作であり佳作であったと思います。

  • #赤背表紙のクリスティーを再読するプロジェクト 019

    古代エジプトが舞台の異色作と言われているけど、遺書なのは舞台装置だけで、中身はいかにもクリスティ真骨頂的なストーリー。誰か殺したのかという謎だけじゃなくて、誰が解き明かすのかを予想する楽しみもある話。

  • クリスティー作品にはエジプトを舞台にしたものがいくつかありますが、
    この作品は紀元前の設定になっている所が他とは違います。
    しかしエジプト色はそれほど強く出ている訳ではありません。
    彼女の作品によくでてくる一族、家族の中で起こる犯罪が描かれている
    ため、世界が広がらなかったのでしょうか。
    しかもこの作品では真相を調べようとする探偵役があいまいです。
    こう書くとつまらないようですが、そんなことはないです。
    人物達が素晴らしいです。、心の中にある闇の部分が表に出てくる
    ことで人がどう変わっていくのかが、登場人物に託されて描かれています。連続殺人より、こちらの方が興味深かったですね。
    ただ個性の強いノフレトが物語後半で存在感を失ったたのが残念ですね。
    彼女の人生をもっと知りたかったです。

  • エジプトが舞台という
    ユニークなミステリー。
    もちろんそこかしろに古代の香りが
    漂っております。

    そしてそれプラスの要素として
    新しい妾を連れてきたことによる
    一族の愛憎劇がいやというほど見ることができます。
    なんか怖いですよ。本当に。

    その中で一人冷静な人が
    主人公。
    この女性と比べたら
    他の女性が「イカれてる」ように
    映ってしまいます…

  • 古代エジプト

全4件中 1 - 4件を表示

死が最後にやってくる (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-34)のその他の作品

アガサ・クリスティーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

死が最後にやってくる (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-34)はこんな本です

ツイートする