光る指先 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

制作 : 高橋 豊 
  • 早川書房
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150702410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • えっ?それでいいの?

  •  久し振りに読み返すペリー・メイスンシリーズ。ペリー・メイスンはやっぱりかっこいい。素っ気ないほど人物描写、心理描写が少なくて、多少あっても紋切り型の文体は、一歩間違えれば子どもの作文のようなのだけど、ぐいぐい引っ張っていくストーリーの力のおかげで、そんな描写がないことが快く感じられるほどだ。

     無実の罪の依頼人と、それも守る正義の弁護士。手に汗握る法廷でのやりとりと気持ちのいい逆転劇。王道を行くおもしろさである。

     この作品に関して言えば、この人が犯人?って思ったりはしたが、そんなことはまあいいでしょう。誰が犯人かよりも、犯人としか思えなかった依頼人以外の犯人が存在するって言うだけですごいんだから。
    2005/8/27

全2件中 1 - 2件を表示

光る指先 (ハヤカワ・ミステリ文庫)のその他の作品

E.S.ガードナーの作品

光る指先 (ハヤカワ・ミステリ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする